東北芸術工科大学
卒業生支援
プログラム

会期 2021年2月10(水
3月5(金
会場 ORIE ART GALLERY
新宿髙島屋
ゆう画廊
東京九段 耀画廊
REIJINSHA GALLERY
  • 開催日・時間は変更になる場合があります。
  • 画廊によって、開催日・営業時間が
    異なりますのでご注意ください。
  • 各画廊の新型コロナウイルス感染症予防対策にご理解をいただくとともに、
    拡散防止へのご協力をお願い申し上げます。

(入場無料)

東北芸術工科大学は、蔵王山の麓に公設民営の大学として1992年に開学しました。目の前に広がる大自然すべてが私たちのキャンパスとなり、多くの学生たちが様々なプロジェクトを通してアトリエから地域へと飛び出して行きます。そこで彼らは優しい地元の方々に迎えられ、鍛えられ、ある時は得難い経験をさせてもらい、ある時には困難な問題にぶつかります。そのような4年間を過ごしてつくられる卒業制作は、大きなスケール感と、今ここで表現しなくてはいけないという切迫感に溢れています。
「TUAD ART-LINKS 2021」は、作家活動を続ける卒業生たちの個展やグループ展を支援する本学の卒業生支援事業の一つです。コロナ禍により大きく変わった社会構造や新しい生活様式は、彼らの表現に如何なる変化を及ぼしたでしょうか? 東北で育まれた感性の数々をぜひご高覧ください。

三瀬夏之介

東北芸術工科大学/大学院研究科長

←TOP