たぐち ひろみ

田口 洋美

Taguchi Hiromi

教員写真
所属 芸術学部:歴史遺産学科
職位 教授
専門分野 民俗学、文化人類学、環境学
学位 博士
プロフィール

東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻社会文化環境コース博士課程修了。博士(環境学)。20代半ばに映画製作スタッフから研究者へと転身し、中部東北日本の狩猟文化研究で実績を積みました。民族文化映像研究所、日本観光文化研究所主任研究員を経て1996年に狩猟文化研究所を設立、同代表。1990年マタギサミットを発起、現在も主宰幹事を務めています。山と人と動物を知る異色のフィールドワーカー。豊かな森林が育む生物多様性を基盤とした先人の狩猟採集活動について歴史社会的な文脈を重視しながら技術や行動といった具体的視点から研究。近年はロシア極東、シベリア地域の先住民族研究や野生動物の保護管理問題などに着手しています。
1999.4~  (社)日本ペンクラブ環境委員会委員  日本及び世界・主に日本国内を中心とした国際的環境問題に関する活動(環境問題に関するイベント、シンポジウム等)を通して環境に対する人々の意識向上に寄与する。
2006.7~2009.6 農林水産省農作物野生鳥獣被害対策アドバイザー
2007.10~2009.11 福島県生活環境部環境共生領域自然保護グループ「福島県ツキノワグマ保護管理計画検討会」 委員  福島県
2007.2~2009.3 富山県生活環境文化部自然保護課「有害鳥獣捕獲体制検討委員会」 委員  富山県
2007.8 長野県林務部森林整備課「狩猟者確保対策検討会」 委員  長野県
2008.8~ 山形県文化環境部みどり自然課「山形県ツキノワグマ保護管理計画検討会」 委員  山形県
2006.6~ 環境省・(財)自然環境研究センター「南東北地域広域保護管理指針検討会」 委員  南東北地方
2008.6~ 山形県小国町総務企画課「第4次小国町総合計画策定にかかる小国町まちづくり研究会」 委員  山形県西置賜郡小国町
2012  学術研究発表 『国際山岳年プラス10 シンポジウム2012年』  国際山岳年プラス10実行委員会、日本大学文理学部自然科学研究所、日本山岳会

カテゴリー