さかい なおき

坂井 直樹

Sakai Naoki

教員写真
所属 芸術学部:美術科 工芸コース
職位 准教授
専門分野 金工
学位 博士
プロフィール

1973年群馬県生まれ。2003年東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程鍛金研究領域修了、博士学位取得。
2005〜2008年金沢卯辰山工芸工房にて技術研修。2013〜2018年同工房専門員を経て、2019年より本学にて指導にあたる。「用」と「美」の視点から制作を追求し、現代空間に調和する工芸作品を展開している。

2003年野村美術賞、2012年美術工藝振興佐藤基金淡水翁賞、2016年テーブルウェア大賞 大賞・経済産業大臣賞、2017年日本伝統工芸金工展朝日新聞社賞、2018年ドイツベルリンフンボルトフォーラム茶室デザインコンペ最優秀賞など多数受賞。
国内外での個展・グループ展のほか、金沢・世界工芸トリエンナーレ(金沢21世紀美術館)、アートフェア東京(2016、2018、2019年)、清州国際工芸ビエンナーレ招待作家、ジャポニズムの150年展(フランス・パリ装飾美術館)などに出品。

作品リスト

鉄地象嵌花器「monochrome」

 

「侘び」と「錆び」の花器

 

門扉制作「gamadan」

 

湯のこもるカタチ

「侘び」と「錆び」のカタチ

 

カテゴリー