プロダクトデザイン学科

プロダクトデザイン学科

製品デザイン/家具デザイン
インテリア(空間)デザイン
インタフェースデザイン

学科のお知らせ

この分野の未来を語る

モノの本質に踏み込む
デザインを学ぶ

モノからコトへ。人々の生活を楽しく豊かにする新しい体験をモノから生み出していくのがプロダクトデザインの領域です。音楽を聴くコトは、生演奏から録音され繰り返し聴けるようになり、さらにそれを持ち運べるようになることで他の何かをしながら聴けるなどモノでコトが大きく変わってきました。今ではCDなどのメディアを持ち歩かなくともスマートフォンからデータでさまざまな音楽を聴くことができます。しかしながら、私たちが音楽を聴くにはイヤホンやヘッドホン、スマートホンなどモノが欠かせません。良い音で音楽を楽しむために自分好みのイヤフォンなどを選ぶようになりました。モノからコトへ価値が変わった時代。だからこそ、私たちがコトに触れるためのモノを大切にデザインする需要が高まっています。

  • この分野の未来を語る
    日野一郎 教授/東京藝術大学美術学部デザイン科機器デザイン専攻科卒業。ソニー入社後、ウォークマン、携帯電話などのプロダクトデザインを担当。同社プロダクトデザイングループ統括部長などを経て、2014年より本学就任。
  • この分野の未来を語る
    酒井聡 准教授/東北芸術工科大学大学院芸術工学研究科博士後期課程修了。音、振動、光の共調による感性表現研究の知見から、新しいデジタルサイネージシステムの研究開発や自動車内外装部品のインタフェース研究などを手がけている。

3つのPOINT

POINT1

UI/UXを重視した教育

わかりやすく使いやすいデザイン設計「UI/UX」演習を学科の必修にしています。「かっこいい」だけのデザインではなく、そのモノの目的をきちんと理解できる、何にでも応用可能なスキルを養っていきます。

POINT2

専門性の高い学び

将来目指す姿を1年次より見据え、その実現に向けて、製品・UI/UX・家具・インテリア・クラフトのデザイン領域を深く学んでいきます。技術の習得はもちろんのこと、発想力や主体的に考える力にもつながります。

POINT3

就職につながる産学連携

デザイン開発の実際を学べる産学連携。3年次にはすべての専門領域で演習を行っており、製品化を視野に取り組むことでプロとしての自覚とテクニックが養われ、多数の大手メーカーへの就職へと結び付いています。

3つのPOINT

4年間の授業とカリキュラム

1年次基礎力と思考力を育む

土台づくりとして、広範囲なプロダクトデザイン領域における基礎的な知識や技術を学習。さらにデザイン思考の手法を学び、その過程とプレゼンテーションを通して、論理的思考を習得します。

ユーザー発想のデザイン

UXデザイン演習1

ユーザー体験(UX)の価値を高めるための基本的な考え方と可視化のプロセスを学びます。デザイン思考の基本であるインタビューや行動分析、試作品制作などの手法習得を通して、ベースとなる力を養います。

  • カリキュラム
  • カリキュラム
素材の加工技術と造形力

素材・造形

真空成形によるトレイや、木製カトラリーなど、生活の中で使用するプロダクトを制作。使い易さの検証を含めた一連のデザインプロセスを経験する中で、木材、プラスチック、金属など素材の特性に合わせた加工技術と、シンプルで必然的な造形力を養います。

カリキュラム
カリキュラム カリキュラム

2年次各領域の基本を学ぶ

製品、インテリア、家具など専門領域の基本を学びます。年間で計4つの領域が受講でき、自身の興味によって選択可能。さらにポートフォリオやUXの応用など、より実践で役立つスキルを養います。

専門領域の基本を習得

プロダクトデザイン演習3

製品デザイン・家具デザイン・クラフトデザイン・空間デザインの基本デザインプロセスを学ぶ演習。各デザイン領域における新たな知識や技術を学ぶ中で、これまで身に付けたスキルを応用し、専門性に応じた基本的なデザインプロセスを実践します。

カリキュラム
UXをハードとソフトに応用

UXデザイン演習2

1年生で学んだデザイン思考などの手法を生かして、ハードウェア(製品)とソフトウェア(アプリ・サービス)の課題に取り組みます。ペルソナやストーリーテリングなど、ユーザ調査の設定・活用方法も習得し、より具体的な消費者視点の新しい提案を考えます。

カリキュラム
カリキュラム カリキュラム

3年次各専門領域の実践

1年を通して、企業と連携しながら実際のデザイン開発を体験学習する演習に取り組みます。各領域で、社会状況を見据えた現実感のあるテーマに挑戦。プロのデザイナーとしての自覚とテクニックを育てます。

家具デザイン

プロダクトデザイン演習4

家具デザイン領域では、成形合板の技術が特徴の世界的な地元家具メーカー・天童木工から特別講師をお招きし、二人で過ごす時間をより楽しくする家具をデザイン。本学の特色である充実した設備をフルに活用し、UXデザインの知識を生かした家具を制作します。

カリキュラム
インテリア空間デザイン

プロダクトデザイン演習5

後期の演習では、進路や卒業制作へつなげることを意識して制作に取り組みます。インテリアデザインの領域では、さまざまな物を色付けることによってその印象の違いを体感する課題や、新しい店舗形式を提案する課題など、色を通して空間デザインを実験していきます。

カリキュラム
カリキュラム カリキュラム

4年次実践を通して専門を深める

実社会や企業が現在抱えている課題をテーマに設定し、年間を通して取り組みます。その開発プロセスを実践する中で、これまで学んできた知識・スキルの総括を行います。

卒業制作

卒業研究

  • カリキュラム
  • 〈 製品 〉

    伊藤祥子「HITOE-ファッション性に特化した紙製アイウェア」/その日のファッションや化粧の色味に合わせて、服を着替えるような気軽さで付け替えられるメガネを考案。素材には紙を選択したことで、軽く携帯性に長け、自分好みの加工ができるだけでなく、紙特有のマットな質感を楽しめます。

  • カリキュラム
  • 〈 UI/UX 〉

    大瀧健吾「2020年東京五輪におけるピクトフラムのモーション化」/2020年に開催される東京五輪に向け、理解度や楽しさが増す、動くピクトグラムを制作。今回は競技のピクトグラムに限定して制作しましたが、汎用性があるため、今後公共のピクトグラムなどにも広く展開できると考えています。

  • カリキュラム
  • 〈 クラフト/製品 〉

    丹穣路「Fuji -富士-、Nami -波- 新しい下駄のカタチ」/下駄をより多くの人に履いてもらうため、現代向けにリデザインしたフットウェア。スニーカーをモチーフにしたスピード感のあるスタイリングに。上部にはニットアッパーを採用し、中高を取り入れると同時に洋服との調和を目指しました。

  • カリキュラム
  • 〈 インテリア 〉

    町井希音「秋田県大館市における可動型洋菓子店」/秋田県大館市駅前の活性化を目指し、移動販売の設置を提案。客席は、折りたたみのコンテナを採用し、可動型の客席になっています。また、他の店舗も移動販売をして、駅前でマルシェを開くことで、さらに人が集まりやすくなると考えました。

カリキュラム カリキュラム

卒業時取得可能資格:

小学校教諭一種免許状、中学校教諭一種免許状(美術)、高等学校教諭一種免許状(美術)、学芸員 [受験資格の取得]インテリアプランナー、商業施設士補、商業施設士
※指定の科目を受講することで取得できます。

リアルな学び

家具デザイン

まちづくりに貢献する
プロダクトを制作

×小国町 山形県
×オカムラ 大手オフィス家具メーカー

2015年より3年間、2年生の演習の中で、(株)オカムラと山形県小国町との産学連携プロジェクトを実施。北海道・旭川での先進事例をもとに、同町で生まれた子どもたちに町で取れた木材を使用した家具をプレゼントすることを想定し、デザイン制作を行ってきました。この取り組みを実現可能なものにするため、2018年に三者で連携協定を締結。これにより、デザイン提案を行った家具が実際に町で生産され、子どもたちへと送られるシステムが事業化されることに。プロダクトデザインを通して、魅力的な地域づくりにつながる活動を推進しています。

リアルな学び
(上)連携協定を記念して学生たちが、小国町産の木材を使用した家具を制作し、町役場に寄贈/(下左)家具制作に取り組む学生/(下中)小国町の9割を占めるブナなどの広葉樹の森をフィールドワーク/(下右)2019年3月、産学官連携プロジェクトで企画・制作したオリジナル家具「テイク」が、小国町の3歳になる幼児46名に贈呈されました。

製品デザイン

環境問題を意識した
未来のプロダクトを提案

×スズキ 自動車・バイクメーカー

3年生の製品デザイン領域の演習で、(株)スズキと連携し、ソーラー充電の機能を搭載したプロダクトデザインの提案に取り組みました。調査の段階では、静岡にあるスズキ本社を訪問し、実際に製品が生まれる現場を目にする機会も。アイデア展開や試作品制作のプロセスなどでも、デザイナーとモデラーの方から直接指導を受けながら、社会で通用するスキルを磨きました。

リアルな学び

UI/UX

未来のクルマをデザイン

×三菱自動車工業 自動車メーカー

3年生の演習の中で「2030年の運転・所有してうれしいクルマーインタフェースでクルマの価値を変えるー」をテーマに取り組んだ本プロジェクト。自動車の動きとユーザーの行動をシームレスに結び付ける次世代車種を提案しました。

リアルな学び

内定者の声

新しい車とそれを取り巻く環境を、
固定概念に捉われず描いていく。

日産自動車 株式会社
(自動車の製造、販売および関連事業)
高野陽希/山形県立山形工業高等学校 出身

モビリティデザイン愛好会の先輩に誘われたことをきっかけに、スタイリングを追求するカーデザインの分野に憧れを持つようになりました。2年の冬に初めて参加した『日産自動車』のインターンシップでは、10日間というタイトなプログラムの中、プロのデザイナーの方々との関わりから大きな学びを得ると同時に、他大学から参加した学生に刺激を受け、競うべきライバルは学外にいることを改めて実感しました。その後、進路を決定する時期になった時ゼミの教授が言ってくれた「お前なら絶対カーデザイナーになれる」という力強い言葉。普段から僕のことをよく見てくれている先生だったので、さまざまな迷いが生じていたのを見抜いて背中を押してくれたと捉えています。内定をいただいた「日産自動車」は、デザインの分野で勢いがあり、また日本の自動車企業の中でも特にグローバル化が進んでいる企業です。そのため、将来海外で仕事できる可能性も高く、そういった環境に身を置くというチャレンジをしてみたいと感じたこともここで働きたい理由の一つとなりました。
これからは、自動車そのものの価値観が大きく変わっていく時だと考えています。従来の固定概念に捉われないモノづくりをするためにも、大学で学んだ柔軟な発想力や失敗を経験に変える力を生かしながら、新しい車とそれを取り巻く環境を描いていきたいです。そして車には人を魅了するスタイリングが必要だということを忘れずに頑張っていこうと思います。

内定者の声

主な進路実績

主な進路実績 主な進路実績 主な就職企業一覧

主な就職企業一覧

【デザイン、設計等】アートナウ/イオプランニング/エマニュエル・ムホーアーキテクチャー+デザイン/荻原舞台美術/河淳/京映アーツ/小西造型/サクラインターナショナル/スルガ/スペース/セイワ/ヤフー
【家具、装飾、貴金属等】岡村製作所/オノヤ/オリバー/オンヨネ/カンディハウス/風間椅子店/川奈/起立工芸/ケイ・ウノ/佐藤繊維/シャルドネ/シャルマンニット/上越クリスタル硝子/スタートトゥディ/樅楓舎/多田木工製作所/田丸/TASAKI/茅ヶ崎紡織/ツルヤ商店/テイクアップ/テラダイ/天童木工/奥羽木工所/グッドパッチ
【学校、施設、団体等】ざおう福祉会/東根市農業協同組合/臥牛三敬会/童具館
【機械、電器、自動車等】アルプス電気/遠藤照明/オリンパス/技研/輝陽工業/キヤノン/クボタ/KTEC(川崎重工)/サーモス/サクマエンジニアリング/シマノ/シヤチハタ/神町電子/スズキ/SUBARU/セイコーインスツルメンツ/セイコーエプソン/セイワ/ソニー/ダイハツ/テスコム/デノン/トヨタ自動車/東亜レジン/東栄コンクリート工業/東海理化/東芝/東京マルイ/東北電機/東北パイオニア/東洋テクニコ/長崎船舶装備/ニコン/日産自動車/日本ミシュラン/パナソニック/日立製作所/フジック/文化シヤッター/本田技術研究所/前田製管/松下冷機/マツダ/松永製作所/三菱自動車/三菱電機/山形カシオ/山形プラス/山形部品/ヤマギワ/リーガルコーポレーション/オグラ金属/スノーピーク
【教員】東海大学山形高等学校/日本コンピュータ学園東北電子計算機専門学校/山形県
【金融、保険等】きらやか銀行/フジフューチャーズ
【建築、都市設計、環境、インテリア等】愛和建設/ア・ファクトリー/青森サンアイホーム/一条工務店/近江建設/オノヤ
【公務員】飯野町/大江町/仙台市消防本部/特許庁(意匠審査官)/福島県警察/山形県(工業技術センター)/山形県警察/西村山広域行政事務組合
【出版、印刷、新聞、IT等】大風印刷/大場印刷/コマガタ/進和ラベル印刷/精英堂印刷/第一紙行/大成社/田宮印刷/ITX
【サービス/小売/その他】アズ・シード/植松商会/エトワール/エヌ・ケー・フローリストほか

教員紹介