大学院修士課程 芸術文化専攻

保存修復領域

文化財保存修復研究センター等と連携し、実際の文化財に携わり、そこから見出される多くの歴史的資料を調査記録し、その思想や技術、材料を深く分析します。それらに基づき国際基準を遵守した修復処置を施す訓練を実施。同時に伝統的な技術も尊重し、東洋絵画修復や仏像修復において古典技法をも習得。現代アート作品や多種な素材により構成された文化財の修復に、より改良された修復素材や技法の研究と処置も実践します。そのため、美術史や修復技法と同時に美術大学では珍しい化学、物理、生物などの分野も研究します。

目指す人材像

文化財を通し歴史的調査や観察、科学的実験や材料分析、修復技術の開発など修復処置を実践する。実際に美術作品や文化財に携わる立場の人材を育てます。実社会においても自ら考え問題を克服していく姿勢と方法論を養います。

教育の特色

文化財保存修復研究センター等と連携し実際の文化財に携わり、そこから見出される多くの歴史的資料を調査記録し、その思想や技術、材料を深く分析します。それらに基づき国際基準を遵守した修復処置を施す訓練を実施します。同時に伝統的な技術も尊重し東洋絵画修復や仏像修復において古典技法をも習得でき、現代アート作品や多種な素材により構成された文化財の修復に、より改良された修復素材や技法の研究と処置も実践します。そのため美術史や修復技法と同時に美術大学では珍しい化学、物理、生物等の分野をも研究します。

歴史文化領域

目指す人材像

少子高齢社会、経済格差により疲弊・弱体化する地域の現状に対して、自らが「遺産継承者」として主体的に問題解決に立ち向かう実行力・応用力のある人材を育成します。専門分野の学術研究者、地方自治体・企業等で活躍できる文化遺産管理者(ヘリテージマネージャー)、記録史資料の管理者(アーキビスト)、ビジュアル表現に強い学芸員(キュレーター)などを養します。

教育の特色

人文系、環境系学問を基盤に、地域の歴史文化を徹底したフィールドワークから探究します。歴史や伝統文化の中にある古くて新しい価値を再構築し、現代の自然や社会の調和ある発展に貢献する実践的研究を行います。東北文化研究センター・文化財保存修復研究センターが進める研究プロジェクトへの参加を通して、現場感覚を重視した実践的・実学的教育を行います。また、デザイン分野と連携しつつビジュアルな表現を取り入れた歴史文化研究を目指し、学内外での成果発表を支援していきます。

絵画領域[日本画・洋画・版画]

目指す人材像

領域の歴史研究・現況把握から批評精神を持ち、時流に流されない平面作品を、それぞれが定めた世界に対して発信し得る作家を輩出します。美術が持つ力で豊かな社会の構築に寄与し続ける人材の育成をします。

教育の特色

絵画を軸とし、学部に設置されている領域の枠(日本画・洋画・版画等)を取り払った研究環境・指導体制を実施します。様々な企画と連携し学外発表やアートプロジェクト等、実践の機会を通して、発信する力を養います。

彫刻領域

目指す人材像

常に自由な精神を尊重し、作品制作並びに芸術理論研究等により、個々の創造力を高度なレベルにまで育成し、将来的に立体部門の専門家になっていく人材を輩出することを目的としています。

教育の特色

カリキュラムでは作品制作を軸とした授業の他に、美術界への積極的アプローチおよび専門家としての在り方や必須の要件について実践的に学びます。また将来、専門家として活躍する在学生および修了生に対する支援(発表場所の提供・広報活動等)を積極的に行います。

工芸領域

目指す人材像

領域の歴史研究・現況把握から批評精神を持ち、新しい社会を築く工芸作品を、それぞれが定めた世界に対して発信し得る作家を輩出します。工芸が持つ力で豊かな社会の構築に寄与し続ける人材を育成します。

教育の特色

これまでに得た技術・素材の扱いを更に深化させるとともに、歴史研究・現況把握を通して既存の枠に留まらない新しい工芸作家のあり方を実践的に学びます。様々な企画と連携し学外発表やアートプロジェクト等、実践の機会を通して修了後も継続し続ける力を養います。

複合芸術領域

目指す人材像

既存の領域に当てはまらない、「新たな表現活動の可能性・価値の創出」を志す芸術表現者の育成を目指します。クリエイティビティー豊かな国際的美術家、マルチクリエイターなどを育成します。

教育の特色

担当教員は主担当・副担当を大学院担当教員から選ぶことが可能です。多角的なゼミ指導から新しい可能性を引き出し、様々な企画と連携し、学外発表やアートプロジェクト等、実践の機会を通して、発信する力を養います。

芸術教育学領域

目指す人材像

中学校、高等学校の教員を目指すものを育成します。自然災害、少子高齢化による人口流出など、地域が抱える課題解決を芸術の力を持って解決する人材を育成します。

領域ごとの担当教員

様々な企画と連携し、教育・地域の現場への体験的参画やワークショップ運営などの機会から研究と実践を繰り返し、経験値を得た上で資格取得に挑みます。

芸術教育学領域

※各教員名をクリックすると、所有学位や専門分野を確認できます。

研究領域 担当教員名
保存修復 柿田喜則
米村祥央
杉山恵助
歴史文化 田口洋美
北野博司
謝黎
竹原万雄
絵画[日本画] 末永敏明
長沢明
絵画[洋画] 木原正徳
鴻崎正武
青山ひろゆき
絵画[版画] 中村桂子
彫刻 吉賀伸
工芸 佐々木理一
深井聡一郎
藤田謙
複合芸術 三瀬夏之介
※領域越境型のため、大学院担当教員全員が所属
芸術教育学 吉田卓哉
佐原香織
松村泰三