大学院 芸術工学研究科

世界でも活躍できる表現者、研究者を目指し、知識や技術を深く追求

「芸術文化の中心として広く知識を授けるとともに、深く芸術学、デザイン工学に関する専門の学芸を研究し、『術』と『学』の一本化による『ものごと』の創出を喜びとする人の育成、学術文化の向上、及び産業の振興への貢献」という東北芸術工科大学の理念に沿い、大学院では、さらなる具現化へ向けて、取り組んでおり、活力に満ちた時代を切り拓く力が全国、世界へと飛び立っています。

この東北、山形だからこそ生き続けるアイデンティティー。その息吹を感じながらの創作・研究活動から、新しい何かを見いだすことができるはずです。

真栄城理子『無能』 日本版画協会 第85回版画展 版画協会賞(最高賞)

数々の美術賞を獲得する大学院生

大学院修士課程 芸術文化専攻では、人間の「精神」の充足に寄与する芸術の存在意義を探究し、文化の担い手として研究・創作に取り組み続けられる人の育成を、デザイン工学専攻では、現代社会が直面する諸問題の解決を図り、健やかな生活の実現を目指すデザインを志向し、実践し続けられる人の育成を目指しています。

デザイン工学専攻では、現代社会が直面する諸問題の解決を図り、健やかな生活の実現を目指すデザインを志向し、実践し続けられる人の育成を目指します。とりわけ、ファインアート領域の躍進は目覚ましく、アーティストを目指す学部生は院に進学し、専用のアトリエを構え、担当教員からマンツーマンの指導を受けています。その結果が新人作家の登竜門である各賞の受賞へとつながっているのです。

久松知子『日本画家のアトリエ』 第18回岡本太郎現代芸術展岡本敏子賞

実践型アーティストマネジメント教育

全ての研究領域が展覧会・学会形式で中間発表を行う「大学院レビュー」や、学問のみならずビジネスとしての作家活動を学ぶ場として「アーティストマネジメント教育」を展開しています。
「TOHOKUCALLING」は、これらの教育の実践と成果を社会発信する場として立ち上げたプロジェクト。ギャラリーや美術館で展開する国内アートシーンをはじめ、本学主催の山形ビエンナーレを含むローカルや、世界のマーケットなど、各シーンに向けて発信していきます。

専攻・領域の詳細について