基盤教育

 

基盤教育研究センター

身体と心で感じ、考え、豊かな4年間にする。

GENERAL EDUCATION 学べる分野

自然・社会・地域と芸術

自然・社会・地域と芸術
人間や社会、地域、自然科学などの分野は、今後の知的活動及び学修生活を支える基礎となる、重要な役割を果たすものです。その全ての分野の共通テーマを「発見」とし、社会課題を自らの視点で発見し創造活動を展開するために必要となる、自然や文化、そして人間と社会の関係性への理解を深めます。

全学共通科目/取得可能資格

言語と表現
言葉の表現力は、芸術やデザイン表現をより確かなものにしてくれます。作品・研究の発表やデザインのプレゼンテーションだけでなく、卒業後の就職のためにも言語での豊かで確かな表現力を欠くことはできません。1年次からしっかりと日本語と英語を学べるカリキュラムで、言語表現を磨いていきます。特に実践的な英語を学べる科目が充実しています。(DTP演習)

全学共通科目/取得可能資格

「想像力基礎ゼミナール」
授業各回のテーマは、「他者」「自分」「社会」に対して、身に着けるべき基本的要素である「傾聴すること」「自分自身の事に置き換えて考えてみること」「他者に伝える、わかりやすく表現する」「想像する」等々の様々な経験を積み上げていきます。そのために、体験、リサーチ、制作、ディスカッション、プレゼンテーションなどの多様な取り組みを実践します。(1年必修)

全学共通科目/取得可能資格

キャリアデザイン科目
卒業後、自分はどのように生きるのか、どんな人生を歩むのかを探求するのがキャリアデザイン。卒業後の希望の進路を実現させるために、1年次から段階的に自らの将来を展望し、社会で必要とされる人材や能力を理解しておくことが必要です。キャリア設計だけでなく、自己表現講座、公務員講座、インターンシップなど様々な進路につながるカリキュラムがあります。(映像制作演習)

CURRICULUM カリキュラム

※開講科目は変更する場合があります。

区分
必要
単位
科目名




大学の理念
2
芸術平和学/未来と自分/東北の文化と歴史
社会系
4
美術史/アート・デザイン史論/色彩学/芸術と心理/社会と政治/倫理と哲学/グローバル社会論/知的所有権/日本国憲法
自然系
4
地球環境論/地域社会と環境/生物と自然/環境と心理/健康科学論/生活の中の経済学/アート・デザインのための数理/実践統計学
地域の文脈
4
東北文化論/文化遺産マネジメント論/まちづくり論/コミュニティ論/クリエイティブ経済論/地域ブランド論/地域ツーリズム論







言語と表現
日本語
2
日本語表現(初級)/日本語表現(中級)/日本語表現(上級)
英語
2
初級英語/中級英語/上級英語
    日本語1(留学生のみ)/日本語2(留学生のみ)/実践英語(TOEIC)/実践英語(English Academic Skill)/実践英語(Speaking/Writing)/実践英語(Listening/Reading)/外国語特別講座/体育運動学演習
社会リテラシー
6
想像力基礎ゼミナール/コンピュータ基礎演習/デジタル表現演習/デザイン思考/セルフプロデュース演習/情報リテラシー/地域プロジェクト演習A/地域プロジェクト演習B/地域プロジェクト演習C/地域プロジェクト演習D
キャリアデザイン
4
キャリア形成論1/キャリア形成論2/キャリア設計論1/キャリア設計論2/自己表現講座/仕事講座A/仕事講座B/公務員講座A/公務員講座B/インターンシップ

TEACHERS 教員紹介

吉田 朗 教授/センター長/教務部長
Yoshida Akira

小林 敬一 教授
Kobayashi Keiichi

小林 敬一 教授
Kobayashi Keiichi

1958年 山口県出身。中高と広島で育つ/東京大学大学院工学系研究科修士課程/工学博士。専門は都市計 画・都市デザイン。宮城県文化財保護審議会部会委員、福島県景観審議会委員・景観アドバイザー、福島市都市計画審議会委員、史跡常呂遺跡整備専門委員などを務める。

 

著書
『都市計画変革論-ポスト都市化時代の始まり』(単著・鹿島出版会)
『詩に詠まれた景観と保全-福島県高子二十境の場合』(単著・西田書店)
『景観再考-景観からのゆたかな人間環境づくり宣言』(共著・鹿島出版会)など

古藤 浩 教授
Koto Hiroshi

古藤 浩 教授
Koto Hiroshi

1963年 新潟県出身/筑波大学博士課程社会工学研究科/博士(都市・地域計画)

専門は、社会工学、都市地域解析学。

 


■地域貢献・講演
・人口推計に基づく人口減少・少子高齢社会に向けた取組み,平成29年度大都市企画主管者会議 基調講演、ホテルモントレー仙台、2017年11月2日
・仙台市人口推計および総合データベース構築、2015年
■論文発表
・古藤浩(2018):人口推計における残差の見積もりについて,「ORによる大規模イン フラストラクチャー分析研究会」2017年度中間報告書.日本オペレーションズ・リ サーチ学会/日本グローバル・インフラストラクチャー研究財団
・古藤浩(2018) 人口規模に影響されない推計残差の分析 2018年 日本OR学会春 季研究発表会アブストラクト集,pp. 112-113
・古藤浩(2018)芸術系ワークショップの知能開発への効果・可能性についての計量分 析.生きる力を育む芸術・デザイン思考による創造性開発拠点の形成 平成25~29年 度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業研究成果報告書、pp.190-204
・古藤浩(2017):輸入統計金額による国際貿易構造の視覚化,2017年 日本OR学会 秋季研究発表会アブストラクト集,pp. 172-173
・古藤浩(2017): CO2排出量の微分方程式モデルとその諸国家データへのあてはめ.オ ペレーションズ・リサーチ,vol.62,No.9,pp 574-580
・古藤浩(2017):財に関する輸入統計金額から見た世界の構造,「ORによる大規模イ ンフラストラクチャー分析研究会」2016年度中間報告書.日本オペレーションズ・リ サーチ学会/日本グローバル・インフラストラクチャー研究財団
・古藤浩(2017):芸術系ワークショップの知能開発への効果・可能性について -意 欲向上仮説とその検証.東北芸術工科大学紀要,Vol. 24. no.3
・古藤浩(2016):CO2排出量に関する微分方程式の諸国家データへのあてはめと解 釈,「グローバル・インフラストラクチャーのOR」研究会2015年度最終報告書
日本 オペレーションズ・リサーチ学会/日本グローバル・インフラストラクチャー研究財 団
・古藤浩(2016):CO2排出量変化の微分方程式による国家群分析の可能性.東北芸術 工科大学紀要,Vol. 23. no.7
・古藤浩 (2016): 微分方程式による諸国家CO2排出量変化の分析.2016年 日本OR 学会春季研究発表会アブストラクト集,pp. 299-300
・古藤浩 (2015): 諸国家CO2排出量変化の微分方程式.2015年 日本OR学会春季研 究発表会アブストラクト集,pp. 250-251
・古藤浩、片桐隆嗣(2015):アンケート調査と多重知能理論による芸術系ワーク ショップ参加者の主観的成長感.情報コミュニケーション学会第12回全国大会発表論 文集, pp. 76-79
・古藤浩(2014):山形県のメッシュデータによる買い物困難地域の分析.東北芸術工 科大学紀要,Vol. 21. pp. 116-125
・Hiroshi KOTO and Hidetoshi MIURA (2013):Exploring the problem of ‘retail deserts’ from a time series analysis of grid system data, 18th European Colloquium on Quantitative and Theoretical Geography; Abstracts, pp.136-137. Dourdan, France
・古藤浩(2013):農業の教養ゼミナールで学生はなにを得るか.東北芸術工科大学紀要,Vol. 20. pp. 17-23
・古藤浩,三浦英俊(2013): 高齢世帯買い物弱者問題のメッシュデータ分析.2013年  日本OR学会春季研究発表会アブストラクト集,pp. 218-219
・南博・古藤浩・小林隆史・大澤義明(2013) 制度的・地理的隔絶要素に着目した地 域間親密度の可視化~関門地域を事例として~,計画行政,vol.36,No.4,pp 49-57
・三浦英俊・古藤浩 (2013):平均距離を用いた地域のコンパクト性の計測.都市計 画論文集,No.48,pp.903-908.

久保田 力 教授
Kubota Chikara

< 久保田 力 教授
Kubota Chikara

1957年 愛媛県出身/東北大学文学部哲学科(印度学仏教史専攻)卒業/文学博士

インド宗教思想史、仏教学、比較思想。

 

中期大乗経典『入楞伽経』を中心とした如来蔵・唯識思想の文献学研究を行いつつ、一方で、インド思想における生命・心理・霊魂等の諸概念の思想的系譜を追求している。宗教学・人類学・比較思想等の隣接領域の積極的な活用を志向。

 

1991  『インド思想における人間観』(共著)  平楽寺書店

1993  『知の邂逅』(共著)  佼成出版社

1996  『創成神話の研究』(共著)  リトン

2000  『宗教の闇(宗教への問い5)』(共著)  岩波書店
2001  『仏教をいかに学ぶか』(共著)  平楽寺書店
2012  「芸術とスピリチュアリティ」(学会誌:『宗教研究』371号)  日本宗教学会

 

2010 「芸術系大学生のスピリチュアリティに関する意識について」(久保田力・渡部諭)  『印度学宗教学会論集』第37号、(1)~(23)
2011 「芸術とスピリチュアリティ-東北芸術工科大学学生対象の質問紙調査結果とその分析-」(久保田力(研究代表者)・古藤浩・三瀬夏之介・渡部諭)  『東北芸術工科大学紀要』第18・19合併号 pp.98~161
2011 「生・死・死後」の色のイメージ-美大生への質問紙  『印度学宗教学会論集』第38号、(1)~(25)
2012 「芸術とスピリチュアリティ」  『宗教研究』371号(第85巻第4輯)pp.314~315
2012 「生・死・死後の色のイメージ-美大生への質問紙調査から-」  『印度学宗教学会論集』第38号/2011   発行年:2012年9月
2013 「生・死・死後」の色イメージ  『宗教研究』第86巻第4輯  発行:2013年3月、日本宗教学会

山口 雅克 教授
Yamaguchi Masakatsu

山口 雅克 教授
Yamaguchi Masakatsu

1957年 東京都出身/東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士前期課程/教育学博士
専門は、英語学、ジェンダー史、英語教授法、近現代男性史研究、英語教材開発 (TOEIC指導)。

 

2002 『忘れてしまった高校の英語を復習する本』  中経出版
2004 『SMART TALK』  三省堂
2006 『プラクティカル基礎英文法』  松柏社
2008 『「百姓一揆とジェンダー」『ジェンダー史叢書 暴力と戦争』(論文翻訳)』  明石書店
2010 『大日本帝国の「少年」と「男性性」』  明石書店
2011 数学公式ハンドブック 共訳  共立出版
2013 翻訳 日本人の「男らしさ」 -サムライからオタクまで 「男性性」の変遷を追う  監修・翻訳:長野ひろ子  翻訳:内田雅克/長野麻紀子/粟倉大輔  明石書店
2013 出版 Interactive English Book for Reading Book 1/Interactive English Book for TOEIC Test Book 1/Interactive English Book for Reading Book 2/Interactive English Book for TOEIC Test Book 2  松柏社
2013 出版 コンパクト・エッセンシャル実践英文法  内田雅克/Randy Nelms 共著  松柏社

柳川 郁生 教授/学生部長
Yanagawa Ikuo

柳川 郁生 教授/学生部長
Yanagawa Ikuo

1963年 神奈川県出身/日本体育大学/体育学修士
体育学、スポーツ運動学、体操競技

 

2006 「他者観察における記述内容の変容に関する研究」  東北芸術工科大学紀要 第13号
2006 「子どもたちの運動感覚世界を広げるために ― 日常保育の展開から結びつけた実践例としての「運動の日」の取り組みから ― 」  こども芸術教育研究 東北芸術工科大学こども芸術教育研究センター紀要
2007 「保育で生まれたイメージを運動感覚と結びつける「運動の日」 ― 運動学的視点に基づいたアーツ・プロットの試みから ― 」  こども芸術教育研究 東北芸術工科大学こども芸術教育研究センター紀要
2008 「幼児の運動カリキュラムに関する身体知指導の可能性 ?共通演習「芸術と子ども」の授業における学生たちの取り組みから?」  こども芸術教育研究 東北芸術工科大学こども芸術教育研究センター紀要
2009 運動観察が生み出す母親の意識変容と母子関係の変容     こども芸術教育研究 東北芸術工科大学こども芸術教育研究センター紀要
2012 ポスター発表 「高齢者を対象にした歩行用ストックを使うウォーキングエクササイズの心理的効果」  第67回日本体力医学会大会

長坂 一郎 教授
Nagasaka Ichiro

長坂 一郎 教授
Nagasaka Ichiro

早稲田大学文学研究科修士課程芸術学(美術史)修了。博士(文学)。

 

日本彫刻史を専攻して平安時代から鎌倉、室町時代にかけての彫刻作品(仏像、神像、仮面、狛犬など)を研究対象としています。

彫刻作品は時代とともに形を変えてきました。また美術作品はただ訳も無く制作されてきたものではありません。作品つまり形には必ず意味があります。その作品が何を意味し、なぜその時に制作されたかを理解することが必要です。そこで重要なことは日本の彫刻作品はそのほとんどが制作背景に仏教や仏教と日本の神信仰とが入り混じった神仏習合思想を持つということです。それらをもとに作品研究を行っています。 美術史を学んでいくにあたってまず必要なことは作品に対して興味を持つことです。また作品から情報をたくさん得るためにはその作品を細かく見る必要がありますが、見るといっても漠然と外見を視覚でなぞって感想を持つだけでは飽きてしまうのが普通です。そこで必要なのが「モノの見方」。何をどう見るのかという知識と訓練によって作品鑑賞は格段に楽しくなります。そして一度慣れてしまえばあとの人生において豊かな気持ちで過ごせる時間を持つことができると思います。美術史を勉強する利点の一つです。
2005 神仏習合像の研究  中央公論美術出版社

2005 彫刻にあらわされた神の形  仏教美術研究上野記念財団助成研究会報告書32冊
2004 日本仏教における神仏習合の伝播について  日本宗教文化研究8?2
2004 片膝を立てる女神像の坐法についての覚書  奈良美術研究創刊号
2004 神仏習合の成立と神像の意味  風土と文化5号

2008 山形美術館蔵新海竹太郎作「聖観音像」の制作背景について  東北芸術工科大学紀要15号

渡部 泰山 教授/教職課程
Watanabe Taizan

渡部 泰山 教授/教職課程
Watanabe Taizan

1950年山形県生まれ。立正大経済学部卒。学士。県立高校社会科教員、新庄南高校長、県教育庁教育次長、山形東高校長、山形大学大学院教育実践研究科教授を経て、2016(平成28)年4月1日より東北芸術工科大学基盤教育研究センター教授。一方、1974(昭和49)年から柳田國男を読む会、1984(昭和59)年から宮澤賢治を読む会に参画、研究誌『雪国の春』や『ポランの広場』の編集に携わる。2013(平成25)年5月、私設「アトリエ・山形現代美術館」(新庄市)開館、山形県出身及びゆかりのある美術家の作品を展示公開(無料)。「教育と芸術」の基盤研究を通して、学生との学びの共同体づくりに取り組んでいる。

 

◆著書

・歴史・風土論集『最上叙景・枯木野の色』(1987年・いちい書房)
・芸術論集『迷宮の泉』( 1994年・書肆犀)
・戯曲集『大原螢戯曲集Ⅰ』(1995年・限定500部・書肆犀)
・戯曲『春と修羅』(2004年・限定400部・書肆犀)
・美術論集『山形現代美術館』(2010年・東北出版企画)
・芸術文化論集『東北芸術文化の水脈』(2011年・東北出版企画)
・戯曲『智恵子・千年の恋~光太郎のばか』(2012年・書肆犀)
・小説『トホホの海~鳥海高校、僕らの演劇革命』(2013年・書肆犀)
・『教育の森通信―届け、教室へ』(2015年7月・書肆犀)他

◆共著

・『劇作百花第二巻』 (1998年・門土社)
・『読本・最上川』(1998年・一粒社)
・『真壁仁研究五巻』(2004年・東北芸術工科大学)
・『舞台評論Ⅰ』(2004年・東北芸術工科大学)
・『山形文学全集第Ⅱ期第五巻』(2005年・郷土出版社)
・『舞台評論Ⅱ』(2005年・東北芸術工科大学)
・『真壁仁研究七巻』(2007年・東北芸術工科大学)
・『永山一郎復刻詩集「『地の中の異国』」』(2012年・LEGENDS)
・『東北近代文学事典』(2013年・勉誠出版)
・『夭折の作家・永山一郎美術作品集~記憶の棲む場所』(2013年・LEGENDS)
・『やまがた再発見』第一巻(2014年・荒蝦夷)他多数

 

◆その他、雑誌、新聞掲載の論文、評伝等として、「授業の考現学」「生徒指導における危機管理」「教育と芸術」「教育実践論」「宮澤賢治論」「境界なき現代美術」「土方巽論」「蔦谷一行論」「言語学者・斉藤秀一の生涯と思想」「赤坂憲雄と岡本太郎の眼」「佐藤義則」「松田甚次郎」「砂山健」「中川木鈴」「井上ひさし」「高村智恵子」「串田孫一」「高橋猪一」等、他多数。

 

◆受賞歴

・平成22年度「文部科学大臣教育者表彰」受賞
・平成23年度 第27回「真壁仁・野の文化賞」受賞(『東北芸術文化の水脈』東北出版企画)
・平成27年度山形大学基盤教育院ベストティーチャー賞受賞

CIMG5059

寒河江 茂 教授/教職課程
Shigeru Sagae

寒河江 茂 教授/教職課程
Shigeru Sagae

1957年 山形県生まれ。東京理科大学理学部 (理学専攻科)卒。学士(工学)。専門は、学校・学級経営マネジメント(ホームルーム活動、教育相談)、教育課程(カリキュラム・マネジメント、理科教育・総合的な学習の時間などの探究学習)。
山形県公立高等学校、県立博物館などに36年間勤務。その中で、山形県教育センターでの研究 「主体的な取組みをさせる授業の構成」の研究協力者を務めた。その後、筑波大学内地留学(長期研修)、教職員等中央研修(現:独立行政法人教職員支援機構)で学校・学級マネジメントや教育相談、教育カウンセリングなどを学び、県教育センター主催の「中堅教員錬成講座」、「新規採用教頭研修講座」の講師として、教員に学校・学級経営マネジメントや教科指導力の向上を推進してきた。 現在は、ヤマガタサイエンスアカデミーの選考委員、青少年のための科学の祭典ワークショップ運営、 学校での講演会・研修会の講師、日本学校教育相談山形支部理事などで奮闘中。

 

◆著書

「主体的な取組みをさせる授業の構成」研究報告書第45号共著(分担執筆):山形県教育センター
「学校教育における自律訓練法とカウンセリング」単著:筑波大学研修報告書(長期研修)
「教育相談研究」第74号(教師と生徒のストレス解消法)共著(分担執筆):実務教育出版
「学校運営の基礎知識」共著(分担執筆):山形県教頭・副校長会
など

 

吉田 卓哉 准教授 /教職課程
Yoshida Takuya

吉田 卓哉 准教授 /教職課程
Yoshida Takuya

1972年 山形県生まれ。筑波大学大学院修士課程芸術研究科美術専攻洋画分野修了。修士。公立高等学校美術科教諭、山形県教育センター指導主事を経て、2015年より現職。専門は美術科教育と絵画表現。

 

山形県高等学校教育研究会芸術部会美術・工芸専門部研究協議会研究発表「自分らしさを求めて―油彩による自画像―」山形県高等学校教育研究会芸術部会「藝術部会誌」第24集(1998)。山形県高等学校教育研究会芸術部会美術・工芸専門部研究協議会研究発表「デザイン授業における鑑賞資料等の活用について」山形県高等学校教育研究会芸術部会「藝術部会誌」第31集(2005)。山形県高等学校教育研究会芸術部会美術・工芸専門部研究協議会研究発表「デザインって楽しい!―日常生活に使える楽しく便利な製品のデザイン―」山形県高等学校教育研究会芸術部会「藝術部会誌」第37集(2011)。「教科の系統性を意識した授業づくり(図画工作・美術)」山形県教育研究会「山形教育」第371号(2014)。「芸術科における『言語活動の充実』について」山形県教育研究会「山形教育」第372号(2014)。

ふるさとの風景展 準大賞(2005)、大賞(2006)。米沢市芸術文化協会賞(2007)。二紀展 奨励賞(2008)、同人推挙(2010)。山形県総合美術展洋画部門 県美展賞(2008)、山形新聞社賞(2009・2013)、奨励賞(2015)。雪梁舎フィレンツェ賞展 佳作賞(2008・2010・2012・2013)、震災復興特別賞(2011)、優秀賞(2015)。
現在 二紀会準会員、山形県美術連盟会員。

3 1

粟野 武文 准教授
Awano takefumi

粟野 武文 准教授
Awano takefumi

1977年9月21日生まれ。山形大学社会文化システム研究科卒業。修士。
山形市出身。総合人材サービス企業にて企業向け新卒採用コンサルティング、新入社員研修、就活サポートに従事。経験を生かし、2013年より山形大学にて企業・自治体における長期インターンシップ、キャリア教育を担当。

2015年に平成27年度山形大学基盤教育ベストティーチャー新人賞を受賞

高田 隆太 専任講師
Takada Ryuta

高田 隆太 専任講師
Takada Ryuta

1962年 東京都出身/早稲田大学文学研究所ドイツ文学科/文学修士

専門は、ドイツ語、ドイツ文学。

 

エルンスト・アルブマン「原始霊魂観の研究」共訳