美術科
日本画コース

日本画/古典技法/
素材研究/写生

大自然と共振する
“描く”ということへの挑戦

日本の風土と自然観、そして受け継がれてきた技術と素材によって育まれてきた日本画は、伝統と現代が織りなす可能性に溢れています。東北の雄大な自然の中で自らと向き合う時間は、優れた表現力と強い精神力を養います。また幅広い視点を持った教授陣が、学生一人ひとりを丁寧にサポートする体制も特長です。他学科との交流も多く、既存の枠にとらわれない表現を追求できる環境が整っています。ここで育まれる豊かな思考力と表現力、そして“写生”によって培われる目と精神をもって、私たちとともに“描く”ことへ挑戦しましょう。


卒業時取得可能資格:
小学校教諭一種免許状、中学校教諭一種免許状(美術)、高等学校教諭一種免許(美術)、学芸員
※指定の科目を受講することで取得できます。

授業ピックアップ

日本画の視点
日本画考 2

前期の日本画考1で学んだ日本画の歴史や知識をもとに、教員や外部講師による講義からさまざまな価値観に触れ、「日本画」への考え方を深め、自己の思考や制作に反映させます。

素材への理解
素材学

岩絵具づくりを実際に体験することで素材への理解を深め、その可能性を考えます。さまざまな職人の技に触れ、素材の持つ意味を再確認し、今後の制作に生かしていきます。

古典模写
日本画演習 2・3

古典模写から伝統的技法を学び、作者の意図を読み取ります。日本画画材を理解し、制作に必要な観察眼、集中力、やり遂げる力を修得します。

写生旅行
日本画基礎演習1/日本画演習 4・5

山形にゆったりと流れる時間、大学を取り囲むダイナミックな山河や天空を全身で感じながら写生力を鍛え、この土地でしか得られない経験や感覚を画面へ表現する力につなげます。

展覧会づくり
美術と実践力 1・2

学生が主体となり実践的な展覧会を企画します。日本画制作で得た“美術の力”をどのように社会に活かすことができるか学びます。

卒業制作
山形の地で日本画制作に取り組んだ意味を考え、大型作品の制作に挑戦。ゼミの個別指導をベースに全教員の指導を通して完成を目指します。そして学生が自らの手で卒業制作展を作り上げます。

4年間のカリキュラム
NETBUSゲストユーザーでログイン後、シラバスを検索できます。

※ゲストユーザーでログイン後、シラバスを検索できます。


作品紹介

  • 永遠の、夢のような幸福

    大野奈々子「永遠の、夢のような幸福」

    H2100×W3300mm 和紙・岩絵具・箔・他

  • むねにさくはな

    吉田健祐「むねにさくはな」

    H1610×W2780mm 綿布・岩絵具・石粉粘土・他

  • 世界を見つめる方法

    加藤茉里恵「世界を見つめる方法」

     
  • オオカミは死んだ、わたしたちは生きている。

    古田和子「オオカミは死んだ、わたしたちは生きている。」

     
  • 碧の森は淡いまぼろし

    横井えり「碧の森は淡いまぼろし」

    H2400×W3600mm 綿布・岩絵具・アクリル絵具・箔

  • あなぞこの夢

    須賀友佳里「あなぞこの夢」

    H1700×W2550mm 和紙・岩絵具・墨

  • 紅壁

    清水悠生「紅壁」

    H2273×W1818mm 和紙・岩絵具・墨

  • 悠遠

    中山浩一「悠遠」

    H3000×W1365mm 和紙・岩絵具・箔・墨

  • SHAMBHALA

    多田さやか「SHAMBHALA」

     
  • 在る魂の流れ

    柴田梓「在る魂の流れ」

    H2050×W2730mm 和紙、岩絵具、水干絵具、箔

  • 夢語るモノ達

    松本史子「夢語るモノ達」

    H2273×W1620mm 和紙、岩絵具、墨、水干絵具、鉛筆、色鉛筆

  • 畏怖

    生井知見「畏怖」

    H2500×W3510mm 和紙、岩絵具、盛上げ胡粉、水干絵具

  • 日本の美術を埋葬する

    久松知子「日本の美術を埋葬する」

    H2260×W4800mm 板、岩絵具、アクリル絵具、他

  • 雨ざらしのエチカ

    永井里枝「雨ざらしのエチカ」

    H2400×W5502mm 板、岩絵具、その他顔料、箔

     

  • 何も言わずに

    財田翔悟「何も言わずに」

    H2200×W6370mm 綿布、岩絵具、その他顔料

  • move around

    中村夏海「move around」

    和紙、膠、樹脂メディウム、岩絵具、1800×2500mm

  • 紬想綺譚図

    古田和子「紬想綺譚図」

    和紙、膠、岩絵具、銀箔、1810×3168mm

  • 山形に生きる

    北野有里子「山形に生きる」

    紙本、岩絵具、水干絵具、箔、墨、1300×3820mm

  • APE

    菊池咲「APE」

    水干絵具、泥絵具、胡粉、2500×4900mm

  • 僕は聞こえないふりをする

    藤井奈津美「僕は聞こえないふりをする」

    寒冷紗、岩絵具、水干絵具、2600×3120mm

  • 老夫婦の童謡

    土田恵子「老夫婦の童謡」

    高知麻紙、胡粉、岩絵具、水干絵具、箔、1820×2330mm

  • 祝☆卒業!!!

    鈴木萌子「祝☆卒業!!!」

    和紙、岩絵具、水干絵具、アクリル、2000×3020mm

  • 春よ恋

    山口裕子「春よ恋」

    紙本、岩絵具、箔、1000×1000mm

  • ギャル化自変図

    大塚怜美「ギャル化自変図」

    絹本、墨、1480×850mm

  • 寺門直美「光」

    和紙、岩絵具、水干絵具、1620×3900mm

  • schwarz ~おとぎの国の少女たち~

    財田翔悟「schwarz ~おとぎの国の少女たち~」

    綿布、アクリル樹脂、ピグメント、水干絵具、硫酸カルシウム、2420×8190mm

  • happy loop・・・

    稲恒佳奈「happy loop・・・」

    白麻紙、麻生、岩絵具 1850×3400mm

  • 源流

    大平由香理「源流」

    シナベニヤ、膠、粉末顔料、箔、砂、2200×4575㎜

  • されどひかりつづける

    中村俊「されどひかりつづける」

    和紙、膠、岩絵具、金箔、1820×2856mm

  • 空気の底

    多田さやか「空気の底」

    和紙、アクリル絵具、岩絵具、コラージュ、2733×4230mm

  • WINTER MIRANDA

    森山陽介「WINTER MIRANDA」

    和紙、膠、粉末顔料、墨、岩絵具、金箔、1930×3150mm


フォトギャラリー

  • 美術科 [日本画コース]
  • 美術科 [日本画コース]
  • 美術科 [日本画コース]

教員紹介

長沢明 教授/美術科長/日本画コース長
Nagasawa Akira

長沢明 教授/美術科長/日本画コース長
Nagasawa Akira

1967年新潟市生まれ。1994年東京芸術大学大学院日本画専攻修了。修士。

 

第5回柏市文化フォーラム104大賞展〈TAMON賞〉、1997年五島記念文化賞「美術新人賞」受賞。2006年MOTアニュアル2006 No Border「日本画」から/「日本画」へ(東京都現代美術館)、2007年第3回日系日本画大賞展(ニューオータニ美術館)、作風は、日本画の伝統的な素材にこだわりつつも、さまざまな素材をも駆使し、独特な触感的表現を持つ。「トラ」シリーズで知られる画家。2004年より芸工大准教授として指導にあたる。

 

個展/2013年「忘れていた絵 長沢明 展」東京日本橋高島屋、など

06_p04_1

「マウンテン」
2273mm×1818mm パネルに寒冷紗、岩絵具、石膏、槌 2006年

番場三雄 教授
Banba Mitsuo

番場三雄 教授
Banba Mitsuo

1953年 新潟県出身。

院展、龍生会展、旅人会展などに出品。1999年には山形松坂屋、2013年には大沼山形本店にて個展を開催。主な受賞作品に「峠」秋季院展奨励賞、「祈り」「寧児」春の院展奨励賞などがある。学位:無

2007年、「風の道」で日本美術院賞 大観賞を受賞。

 

06_p05_1

「風の道」

末永敏明 教授
Suenaga Toshiaki

末永敏明 教授
Suenaga Toshiaki

1964年神奈川県生まれ。東京芸術大学大学院日本画専攻修了。修士。文化庁芸術家在外研修員として渡独、以後ドイツにて活動(’91~’05)。デュッセルドルフ芸術大学(独)卒業。マイスターシューラー。

 

2005年より本学にて指導にあたる。グローバルな視点で絵画を追求し、主にマクロコスモス、ミクロコスモスの生成をテーマとして展開している。1989年上野の森美術館絵画大賞展大賞、2001年エンゲルベルト=ケンペル インターナショナル展一等賞、2008年河北倫明賞など多数受賞。国内外で個展のほか、グループ展「Roter Reiter」(独)、「Plan.d.」展(独)、「両洋の眼」(日)、「作家の視 点」(日)などに出品。

080827suenaga

「Erdschicht」 162.3×130.5cm 綿布、箔、ピグメント、岩絵の具他 2008年

三瀬夏之介 教授/芸術学部長 
Mise Natsunosuke

三瀬夏之介 教授/芸術学部長
Mise Natsunosuke

1973年奈良県生まれ。京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。修士。

 

既存の日本画の枠にとらわれない、多様なモチーフや素材、時にはコラージュを施した作品の圧倒的な表現力が高い評価を得ている。トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞(2002)、五島記念文化財団 美術新人賞(2006)、第16回VOCA賞(2009)ほか、受賞多数。


主な個展
2007 「ARKO2007三瀬夏之介展」大原美術館(岡山)
2009 「冬の夏」佐藤美術館(東京)、 「問月台」中京大学アートギャラリーC・スクエア(愛知)
2010 「肘折幻想」イムラアートギャラリー(京都)、 「ぼくの神さま」イムラアートギャラリー(東京)、 「だから僕はこの一瞬を永遠のものにしてみせる」第一生命ギャラリー(東京)
2011 「だから僕はこの一瞬を永遠のものにしてみせる」「水墨考」京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA1・2(京都)
2013 「ぼくの神さま」青森公立大学国際芸術センター青森(青森)、 「日本の絵」平塚市美術館(神奈川)、 「N.E.blood21 Vol.48 三瀬夏之介展」リアス・アーク美術館(宮城)
2014 「三瀬夏之介 ― 雨土の記」浜松市秋野不矩美術館(静岡)、 「三瀬夏之介 風土の記―かぜつちのき―」奈良県立万葉文化館(奈良)、 「Vernacular Painting」イムラアートギャラリー(東京)、 「山形ビエンナーレ2014 三瀬夏之介+東北画は可能か?」東北芸術工科大学 (山形)
2015 「日本の絵ー執拗低音ー」京都市美術館別館(京都)
2016 「山形ビエンナーレ2016 山形の絵-小盆地宇宙-」洗心庵(山形)
2017 「日本の絵」鶴岡アートフォーラム(山形)

主なグループ展
2002 「第2回トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展」豊橋市美術博物館(愛知)
2004 「第2回東山魁夷記念 日経日本画大賞展」ニューオータニ美術館(東京)
2006 「MOTアニュアル2006 No Border 「日本画」から/「日本画」へ」東京都現代 美術館(東京)、 「美術館ワンダーランド夏の思いで 今を生きる」豊科近代美術館(長野)、 「第3回東山魁夷記念日経日本画大賞展」ニューオータニ美術館(東京)
2007 「平成17・18年度文化庁買上優秀美術作品披露展」日本藝術院会館(東京)、 「日本画滅亡論」中京大学アートギャラリーC・スクエア(愛知)
2008 「所蔵作品展 近代日本の美術」東京国立近代美術館(東京)、 「富士山 近代に展開した日本の象徴」山梨県立美術館(山梨)、 「第4回トリエンナーレ豊橋・星野眞吾賞展」豊橋市美術博物館(愛知)、 「形・意・質・韻」台北市立美術館(台湾/台北)、 「第7回インクペインティングビエンナーレ」深?画院(中国)
2009 「VOCA2009 -新しい平面の作家たち」上野の森美術館/東京、 「現代の水墨画2009 水墨表現の現在地点」富山県水墨美術館(富山)、練馬区 立美術館(東京)、 「Kami:静と動-現代日本の美術」ザクセン州立美術館(ドイツ)
2010 「東北画は可能か?其の二 ~仙台編~」artroom Enoma(宮城)、 「東北画は可能か?其の三 ~山形編~」art_izm(山形)、 「東北画は可能か?其の四 ~青森編~」C-Lounge 十和田市商店街内(青森)
2011 「桃源万歳!-東アジア理想郷の系譜-」岡崎市美術博物館(愛知)、 「ZIPANGU-31人の気鋭作家が切り拓く、現代日本のアートシーン。」日本橋髙 島屋(東京)、大阪髙島屋(大阪)、京都髙島屋(京都)、 「東京国立近代美術館所蔵作品展-近代日本の美術-」東京国立近代美術館(東 京)、 「会津・漆の芸術祭2011 ~東北へのエール~」会津若松市、喜多方市(福島)、 「奈良・町家の芸術祭 HANARART」(奈良)
2014 「岡倉天心没後100年記念展 天心の思い描いたもの-ぼかしの彼方へ」茨城県 近代美術館(茨城)、 「開館20周年 MOTコレクション特別企画 コンタクツ」東京都現代美術館(東京)
2015 「横浜美術館コレクション展 2015年度 第1期」横浜美術館(神奈川)、 「われらの時代:ポスト工業化社会の美術」金沢21世紀美術館(石川)、 「東北画は可能か?」東京都美術館(東京)、T-Art Gallery(東京)
2016 「青森EARTH2016 根と路」青森県立美術館(青森)、 「NIHON画-新たな地平を求めて-」豊橋市美術博物館(愛知)
2017 「詩情の森ー語りかたられる空間」KAAT神奈川芸術劇場(神奈川)、 「恋せよ乙女!パープルーム大学と梅津庸一の構想画」ワタリウム美術館(東京)、 「Crisscrossing East and West: The Remaking of Ink Art in Contemporary East Asia」銀川当代美術館(中国)、 「高橋コレクション・マインドフルネス2017」山形美術館(山形)

受賞
1997 京都市立芸術大学卒業制作展 山口賞
2002 第2回トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞 大賞受賞
2006 第17回五島記念文化財団 美術新人賞受賞
2009 VOCA賞、京都市芸術新人賞
2011 第22回公益信託髙島屋文化基金 タカシマヤ美術賞
2012 第5回東山魁夷記念日経日本画大賞 選考委員特別賞
2013 第5回創造する伝統賞
2014 第32回京都府文化賞奨励賞

その他、シンポジウムやアーティストインレジデンスに参加するなど、精力的に活動の幅を広げている。


執拗低音

misevoca2009


起源の起源

misevoca2009

金子朋樹 専任講師
KanekoTomoki

金子朋樹 専任講師
KanekoTomoki

1976年 静岡県御殿場市生まれ。2006年 東京藝術大学大学院 美術研究科博士後期課程美術専攻日本画研究領域修了。博士。

 

日本画の伝統的技法と写生を基盤に自然生命とヘリコプター・飛行機などの人工物や機械をリミックス構成し、循環する一つのダイナミズムとして表現。作家グループ運営、講演、ワークショップなどの制作外の活動も行っている。

 

第10回 臥龍桜日本画大賞展 優秀賞(1999)。平成23年度 静岡県文化奨励賞(2011)、 2012年 ガロン第2回展『日本背景』(主催/川口市、ガロン実行委員会、後援/川口市教育委員会、公益財団法人佐藤国際文化育英財団・佐藤美術館、協力/ギャラリー58、gallery neutron、認定/公益社団法人企業メセナ協議会)、第2回トーキョー・アート・ナビゲーションコンペティション大賞(2012)ほか、受賞多数。

 

個展/アートスペース羅針盤(‘03年‘15年)、銀座スルガ台画廊(‘05年)、銀座東和ギャラリー(‘06年)、ギャラリーQ(‘08年‘09年‘10年)、ギャラリー広岡美術(‘13年) 、東京九段 耀画廊(‘13年)。

2014年制作

「流転の華 -麗しく、艶やかに-」

2018年度 講師一覧

2018年度 講師一覧

池田良平
伊藤有光
梅原幸雄
漆原夏樹
及川聡子
岡村桂三郎
小野寺啓
景山健
小金沢智
齋藤典彦
齋正機
清水由朗
白幡菜穂子
杉田浩史
武部雅子
立島惠
月岡裕二
中澤美和
中野仁詞
野口満一月
樋口勲
松崎綾子
三浦一之
宮北千織
吉田有紀