NPO法人古仏修復工房

飯泉 太子宗/修復師/現 文化財保存修復学科 1996年度卒

京都にある美術院国宝修理所で、国宝や重要文化財の修復に携わってきた飯泉さん。現在は修復工房を立ち上げ、修復を通して地域の歴史と魅力を見つめ直すきっかけ作りを行っています。/基督教独立学園高校出身

「壊れたものを、自分の手で本来の姿・本来の位置付けに戻していけるのが、この仕事の一番の魅力ですね」と語る飯泉さん。「壊れても仏像」「仏像のお医者さん」など修復に関わる本も著作しています。