美術科
総合美術コース

生涯学習/イベントプロデュース/
コミュニケーションワークショップ/
アートワークショップ/
パフォーマンス企画

人と社会をアートでつなぐ、
未来の自分を創り出す

総合美術コースは、全国の芸術系大学では初めて、国家資格「社会教育主事」課程を導入。クリエイティブ制作を学びながら、地域でのフィールドワークなどの企画や実践を通して、アートを社会に活かす知識やコミュニケーション方法を修得します。ここで養われるのは、「地域・生活に活力をもたらすアートの可能性」を探究し、アートを通した「学び合う楽しさ」を提供できる力。人と人とが相互に学び合いながら、多様な価値観を認め合い、人々が生き生きと魅力ある人生を送る手立てとして、アートの可能性を学ぶ意義は、今後ますます大きなものになるでしょう。


卒業時取得可能資格:
小学校教諭一種免許状、中学校教諭一種免許状(美術)、高等学校教諭一種免許(美術)、学芸員
※指定の科目を受講することで取得できます。

授業ピックアップ

社会教育を学ぶ
生涯学習概論・社会教育概論

社会教育について、その領域や役割を基礎から学びます。「学校教育」との違いや世代間交流、新たな社会教育の在り方など、基礎的な知識の理解を深めます。

ものづくりの基礎を学ぶ
コース基礎演習 1・2

さまざまな素材を体験しながら、ワークショップ教材の制作などに生かせるように芸術表現の技法を基礎から学びます。また、写真やアニメーション、パソコンを使ったデザインなどメディア表現の基礎を体験します。

ラウンドテーブル
三学年合同演習

第一線で活躍するゲストを迎え、対話から学び合う場を作る特別授業です。「実践を通してイベントプロデュース力を養成する」ことを目的として、イベント自体の企画から運営まですべて学生が担当します。

イベントプロデュース
コース実践演習

地域コミュニケーションの場としてのイベントを企画、実施します。イベント運営を通して、その組み立て方や企画立案の方法、展示方法や空間構成を学びます。

ワークショップ
社会教育演習

地域の小学校や施設で、子どものためのワークショップを開催します。年齢や能力に応じた教材の開発や、運営プログラムをつくります。

実践的な学びの場
社会教育実習

国家資格である社会教育主事資格の取得を目的として、各社会教育施設で現場体験学習を行います。実践的な社会教育活動を学び、学生個々の力量形成につなげていきます。

4年間のカリキュラム
NETBUSゲストユーザーでログイン後、シラバスを検索できます。

※ゲストユーザーでログイン後、シラバスを検索できます。


実践プロジェクト

  • 悠創の丘 四季のワークショップ

    「悠創の丘 四季のワークショップ」

    山形市の地域コミュニティ施設で行う親子ワークショップ企画。四季を感じさせるアートワークショップを年4回開催し、親子で楽しめるモノづくりを行っています。

  • キッズ・アーティスト・プロジェクト

    「キッズ・アーティスト・プロジェクト」

    毎年8月に山形美術館で開催されるアートワークショップ。夏休みの目玉企画として注目されています。企画から運営、広報などすべてを実践します。

  • ふれあい体験楽校

    「ふれあい体験楽校」

    地域の小学校の親子行事に総合美術チームとして参加。「アートは楽しい」というテーマから3つのアートワークショップを企画し、楽しみながらアートを体験してもらいます。

  • ぴ!っとナイト2016~昼から夜ふかし~

    ぴ!っとナイト2016~昼から夜ふかし~

    仙台PITで開催された夏のワークショップイベント。家族で楽しめる創作ワークショップや物販ブースを多数企画し、夏の夜祭りをイメージした会場作りをしました。

  • 一夜限りのスープバー

    一夜限りのスープバー

    “あったかわいい”をテーマに、山形で育まれた伝統野菜と地域の方との出会いの場を演出しました。2学年の演習プログラムの一環で学んだ、空間プロデュースの実践企画です。

  • お化け屋敷型ワークショップ

    お化け屋敷型ワークショップ

    山形市内で楽しめるお化け屋敷を総合美術コースがプロデュースしました。工作や謎解きゲームを取り入れ、子どもが夢中になるような世界観を考え、空間演出を行いました。

  • 秋のワークショップ祭り みんなで多様なワークショップ体験

    「秋のワークショップ祭り みんなで多様なワークショップ体験」

    大人も楽しめる企画も用意し悠創の丘で開催したアートワークショップ「秋のワークショップ祭り みんなで多様なワークショップ体験」。準備としてドングリや枯れ枝など、ワークショップで用いる素材集めも学生が担当。

     

  • クリスマス・イルミ・ワークショップ

    「クリスマス・イルミ・ワークショップ」

    クリスマスツリーの飾りを作るワークショップを市内の小学校で開催。山形駅前にある20メートルのクリスマスツリーをみんなで華やかに飾り付けます。


フォトギャラリー


教員紹介

佐原香織 教授/総合美術コース長
Sahara Kaori

佐原香織 教授/総合美術コース長
Sahara Kaori

東京都杉並区出身。中央大学文学部卒業。株式会社 オリーズ 代表取締役。

メーカーで、東京モーターショーをはじめ新製品の広報宣伝・ブランディングを手がける中、「主体性と可能性を引き出すファシリテーター」として数々のリーダーを輩出。長年、クリエイティブワークとして様々な案件をプロデュースする傍ら、課題解決型客観視力を高める人材教育メソッド「3 つの Good & Bad」、自己肯定感を育む「アイシテルカード」等、独自のコミュニケーションツールを開発。企業・自治体・教育現場での研修・講座等、受講者数はのべ 3,000 名を超え、成果に繋がるプロジェクトチームの運営に活かす。

2011 年お茶の水女子大学にて社会教育主事資格を取得。千代田区立九段生涯学習館・副館長を経て、2015 年 4 月より東北芸術工科大学総合美術コース教授に就任。感性と知性の融合教育を目指す。「世界に一人の自分の力を社会にどう活かすか」をコンセプトに、東京・山形を拠点に様々な企業・団体・教育機関などで講演。無限大の可能性を持つ学生とソーシャルモチベーションの醸成と共に新たな教育イノベーションに挑む。

松村泰三 准教授
Matumura Taizo

松村泰三 准教授
Matumura Taizo

筑波大学大学院芸術研究科修士課程修了。修士(芸術学)。

1987年第18回現代日本美術展大賞受賞、2003年ロレアル色の科学と芸術展金賞受賞。また、1992年にはセビリア万博日本館に招待出品されるなど、受賞、展覧会など多数。「視ること/認識すること」をテーマとして作品展示やインターネット上での発表、ワークショップなど幅広い活動をつづけている。
http://plaza.harmonix.ne.jp/~taizo/
http://blog.tuad.ac.jp/ga-yamabi/

06_p03_1

「surface」2002年 立体作品

市川寛也 専任講師
Ichikawa Hiroya

市川寛也 専任講師
Ichikawa Hiroya

茨城県水戸市出身。筑波大学人間総合科学研究科博士後期課程修了。博士(芸術学)。

東京都豊島区の学芸員や筑波大学の教員を経て現職。芸術教育の観点からコミュニティに根ざした芸術活動(アートプロジェクトなど)について実践/研究するかたわら、全国各地を訪ねて現代の妖怪文化に関するフィールドワークを行っている。地域住民と一緒にまちを歩きながら妖怪がいそうな場所を探し出し、その土地をめぐる新しい物語をつくりだすワークショップ「妖怪採集」を実施中。 主な論著に「参加型のアートプロジェクトによる学びの有効性に関する考察-《放課後の学校クラブ》の実践研究を通して」(『美術教育学』第36号、2015年)、『怪異を歩く』(共著、青弓社、2016年)など。

http://researchmap.jp/hiroyaichikawa/?lang=japanese

2018年度 講師一覧

2018年度 講師一覧

浅見和司
阿部孝夫
安藤竜二
石井一十三
井上喜男
植村まゆみ
大村亨夫
尾形厚志
小岩勉
佐藤健太郎
須藤修
関香澄
堤一夫
中森尋美
西川洋貴
林亮太
日置岳人
藤山武
村山秀明
山口誉夫
山田恵美
山田浩樹
寄谷真二