TOP入試対策早わかり トップ > 2022年度総合型選抜入学試験[専願体験型]各学科・コースの試験内容と評価のポイント

2022年度
総合型選抜入学試験[専願体験型]
各学科・コースの試験内容と
評価のポイント

受験にあたっては、かならず募集要項で試験内容の詳細をご確認ください。
また、各学科・コースの体験授業では充分な感染防止対策を行って実施します。

文化財保存修復学科

解説動画

試験内容

体験授業

文化財保存修復に関するミニ講義を受講した後、ミニレポートを提出する

ミニ講義で学んだ情報をまとめる能力と、さらにその内容について自分の考えを述べる能力を評価


面接
  • これまでに時間をかけて頑張ってきたこと、その中で自身がどのように変わってきたかを振り返って述べられるか
  • 本学科で学びたい意思とその準備状況が伝わるか

試験の様子

試験の様子

試験の様子

歴史遺産学科

解説動画

試験内容

体験授業(模擬授業とグループディスカッション)

・模擬授業にて身近で具体的な歴史遺産(考古遺跡や伝統的建造物など)をひとつ取り上げ、教員が説明を行う
・7、8名程度のグループに分かれ上記歴史遺産の利活用を話し合う
・講義の感想とグループで話したことを講義ノート(A4一枚程度)としてまとめ、面接冒頭に3分程度で話す

  • 教員の説明も含め、他者の話を真摯に聞くことができたか
  • グループでの話し合いに積極的に参加できたか
  • 講義ノートをしっかりまとめることができたか

面接
  • 教員の説明も含め、他者の話を真摯に聞くことができたか
  • グループでの話し合いに積極的に参加したか
  • 自分の考えを的確に説明できたか
  • 講義ノートをしっかりとることができたか
  • 志望動機を具体的かつ明確に説明できるか
  • 自分の強み(アピールポイント)について明確に説明できるか
  • 質問に適切に受け答えできるか

試験の様子

試験の様子

試験の様子

美術科 日本画コース

解説動画

試験内容

体験授業(日本画の写生体験)

・筆法体験 日本画の特徴である筆の体験講座を行う
・写生 決められたエリア内(屋内)で、各自写生を行う

上記体験を通じて感じたこと、考えたことを文章化し、振り返りシートの提出する
  • 「筆法体験」では以下の点を評価します。
    1) 提示された課題に対して意欲的に取り組むことができるか
    2) 他者の意見を真摯に聞くことができるか
  • 「写生」では以下の点を評価します。
    1) 描画対象に向き合い、対象に迫ろうとする姿勢があるか(意欲・姿勢)
    2) 対象の形態、質感、色などをいかに捉えることができるか(観察力・描写力)
    3) 対象を独自の視点で選ぶことができるか
    4) 自己を振り返り、自らの思いや考えを文章化することができるか

面接(1グループ2~3人で行う)

1) 志望動機が具体的かつ明確であるか
2) 自身の強みや将来の目標を自分の言葉で伝えることができるか
3) 質問に適切に受け答えできるか


試験の様子

試験の様子

試験の様子

美術科 洋画コース

解説動画

試験内容

体験授業(静物油彩)

油彩制作におけるポイントレクチャーを行い、各自油彩制作を行う

1)教員のアドバイスを理解し、当日の制作に活かされているか
2)積極的な姿勢で取り組めているか
3)意欲と可能性が感じられるか


面接(1グループ 4~5人で行い、当日制作した作品をもとにグループでのミニ講評会を兼ねる)

1)当日学んだことを適切に伝えることができるか
2)質問に対して適切に受け答えができるか
3)新たな自己を切り開きたいと考える熱意と意欲があるか


試験の様子

試験の様子

試験の様子

美術科 版画コース

解説動画

試験内容

体験授業(銅版画、木版画制作体験)

版画の工程や作業のポイントについて指導をうけながら制作を行う

ミニ講評会

体験授業終了後ミニ講評会を実施し、体験授業を通じて気づいたことをミニレポートに書く

1)教員の説明を理解し、機材を共用しながら作業することができるか
2)作品制作において、意欲や可能性があるか
3)講評会やミニレポートにおいて、素直に感じたことを述べることができるか(絵画や版画制作の経験値や上手下手は問わない)


面接

1)志望動機を明確に述べることができるか
2)自分の強みや将来の希望を自分の言葉で伝えることができるか
3)質問に適切に受け答えできるか


試験の様子

試験の様子

試験の様子

美術科 彫刻コース

解説動画

試験内容

体験授業(彫刻制作体験)

大学周辺を散策し、収集した自然物やスケッチをもとに各自が自由な発想で粘土を使って立体作品を制作する

振り返り

制作物の意図や感想を発表する

作品の上手下手ではなく、以下の点を評価
1)作る熱意・・・・前向きに楽しんで取り組む姿勢
2)発想力・・・・・自分なりに自然から感じて表現する姿勢
3)振り返る力・・・活動や制作物について他者に伝える姿勢


面接

本学で学ぶ姿勢や作ることへの意欲を中心に評価


試験の様子

試験の様子

試験の様子

美術科 工芸コース

解説動画

試験内容

体験授業(立体造形物制作体験)

モチーフの成り立ち、作り方の基本など工程ごとに学びながら粘土を使って制作。制作物を基に各自発想し、デザインを形にする立体構成を行う

振り返り

制作後、工夫した点などをシートに記入する

1)粘土作業において、前提講義で指示された作業内容を的確に捉え、行動することができるか
2)粘土作業において、必要に応じて他者とコミュニケーションをとりながら作業ができるか
3)立体構成において、自身の考えを課題上で展開し工夫できるか。また、それを文字に起こすことができるか
4)全体を通して積極的に取り組み、適切な質疑ができるか


面接

1)志望動機が具体的かつ明確であるか
2)自身の強みや将来の目標を自分の言葉で伝えることができるか
3)質問に適切に受け答えできるか


試験の様子

試験の様子

試験の様子

美術科 テキスタイルコース

解説動画

試験内容

体験授業(テキスタイル制作体験)

染色に関する講義を経て工程を学び染色作業を行う。また、染色した布の色をもとに複数の色を使用した配色デザインを行う

振り返り

完成後に一人ずつテーマと工夫した点を発表する

1)染色作業において、前提講義で指示された作業内容を的確に捉え、行動することができるか
2)染色作業において、必要に応じて他者とコミュニケーションをとりながら作業ができるか
3)配色デザインにおいて、自身の考えを課題上で展開し工夫できるか。また、それを人に伝えることができるか
4)全体を通して積極的に取り組み、適切な質疑ができるか


面接

1)志望動機が具体的かつ明確であるか
2)自身の強みや将来の目標を自分の言葉で伝えることができるか
3)質問に適切に受け答えできる


試験の様子

試験の様子

試験の様子

美術科 総合美術コース

解説動画

試験内容

体験授業(アートワークショップ体験)

アートワークショップを体験後、それを活用したイベント企画をグループで考え発表する

1)授業内容を理解し、正しく実行することができるか
2)創意工夫しながら授業に取り組んでいるか
3)柔軟な発想力があるか
4)自身の意見をきちんと相手に伝えることができるか
5)他者の意見を真摯に聞くことができるか
6)自分の役割を意識してグループワークに積極的に参加しているか


面接

1)志望動機が具体的かつ明確であるか
2)学習意欲があるのか
3)スムーズなコミュニケーションができるか


試験の様子

試験の様子

試験の様子

文芸学科

解説動画

試験内容

体験授業

教員による説明を経て、グループ単位で昔話をリライト(書き換え)する体験型演習を受講する

作文

体験授業で行ったグループワークについて執筆する(400字程度)

  • 自分の考えを意見として適切に発言できるか
  • 他者の意見を聞くことができるか
  • グループワークに積極的な姿勢で取り組むことができるか
  • 自ら体験したグループワークについて、長所や欠点等を把握し、的確に振り返りを行えているか

面接

人物、個性、積極性、熱意、これからの可能性を評価する。また、自らの言葉で何を語るか、伝えたいことが客観的に分かるように伝えられるかを見る


試験の様子

試験の様子

試験の様子

プロダクトデザイン学科

解説動画

試験内容

体験授業

身のまわりのモノの機能や形態を観察し、その理由を考える。前半のグループワークではそれらの使用シーン、優れている点や改善すべき点を共有し、後半の個人ワークでは、対象となるモノの応用展開例を提案する

1)課題に対する自分の考えを的確に発言し、他者の意見を真摯に聞くことができるか
2)グループワークに積極的に参加しているか
3)体験の気づきを簡潔に文章にまとめることができるか


面接

1)志望動機が具体的かつ明確であるか
2)自身の適性や将来の目標を自分の言葉で伝えることができるか
3)質問に適切に受け答えできるか


試験の様子

試験の様子

試験の様子

建築・環境デザイン学科

解説動画

試験内容

体験授業

建築、まち、自然や環境問題に関するミニ講義を受講後、講義に対する自身の意見をミニレポートにまとめる

  • 情報を聴き取りまとめ、自身の意見を述べることができる

面接
  • 本学科の学修内容を理解し、志望動機を明確に説明できる
  • 興味があることを自分の言葉で魅力的に説明できる
  • 好きで取り組んでいることの魅力を説明できる
  • 本学科で学んだ先にある将来の目標を説明できる
  • その他質問に適切に受け答えできる

試験の様子

試験の様子

試験の様子

グラフィックデザイン学科

解説動画

試験内容

体験授業

デザインに関する模擬授業を受けた後、その内容をもとにグループで発表を行う

1)模擬授業を受ける姿勢
2)発表の内容
3)他者の意見を真摯に聞くことができるか


面接

1)志望動機が具体的かつ明確であるか
2)自身の強みや将来の目標を自分の言葉で伝えることができるか
3)質問に適切な受け答えができるか


試験の様子

試験の様子

試験の様子

映像学科

解説動画

試験内容

創作体験

1つのキーワードから独自の映像作品をイメージし、その世界観をアイディアスケッチと文章(200字以内)で表現する

<ストーリー>
・キーワードからイメージに繋げる力(発想力)
・アイデアを文章化する力(文章力)
・ストーリーを展開する力(構成力)
<アイデアスケッチ>
・アイデアを絵で伝える力
※うまい、下手だけでは評価しない


グループ内での発表

上記制作物を基に数人のグループで発表を行う

  • 制作した内容やイメージを言葉で伝える力
  • グループのメンバーの発表を聞き、質問や意見を述べたり会話ができる力

面接
  • コミュニケーション力(質問を的確に理解し、会話ができる力)
  • 思いを伝える力(うまく話そうと思ったり、あらかじめ用意した内容を話すのではなく、あなたの考えや思いを自分の言葉でしっかり伝える力)

試験の様子

試験の様子

試験の様子

企画構想学科

解説動画

試験内容

体験授業

・ミニ講義:課題解決型ワークショップの進め方に関する講義を受講する
・課題解決型ワークショップ:提示された課題に対して、グループに分かれて企画を考え発表を行う
・振り返りシート:ミニ講義とワークショップを振り返り、整理した内容を記入する

  • 課題解決型ワークショップ
    1)自分の考えを意見としてしっかりと発言できるか
    2)他者の意見を真摯に聞くことができるか
    3)受け身の立場ではなく、積極的に参加する姿勢があるか
    4)チーム内で自分の役割を見つけ全うすることができるか
  • 振り返りシートの記入
    1)チームで話し合った内容を筋道立ててまとめられるか
    2)ワークショップで自分の果たした役割を客観的に評価できるか

面接
  • 企画構想学科をよく理解しているか
  • 志望動機が具体的で明確であるか
  • 企画構想学科で学びたいという強い意欲があるか
  • 高校時代にやってきたことをしっかりと話せるか
  • スムースなコミュニケーションができるか

試験の様子

試験の様子

試験の様子

コミュニティデザイン学科

解説動画

試験内容

体験授業

・地域課題解決型ワークショップ:地域の社会課題を解決するためのアイデアを話し合う
・プレゼンテーション:上記アイデアをグループごとに発表する
・振り返り:自身の気づきや考えについてレポートを作成する

1)主体性(リーダーシップ)
・自ら進んで学ぼうとする姿勢
・目の前の課題や社会の課題を自分ごとと捉え、解決しようとする意思と行動力
2)協働性
・他者と共に課題解決や目標達成に向けての行動力
・失敗・困難が発生した時に、原因を追求し対応できる力
3)聴く力
・相手の話を最後まで聴く力
・相手の話を正確に理解する力
・質問することで相手の意見を引き出して聴く力
4)話す力
・自分の意見を相手が理解できるように伝える力
・自分の意見を正確に表現できる力


面接

体験授業の評価ポイントにある「聴く力」「話す力」に加え、下記の項目において評価を行います
1)学修意欲
・受験者のこれまでの経験を踏まえた上での、コミュニティデザインの学修意欲
・コミュニティデザイン学科の理解
2)高校時代の関心ごと・取り組んだ活動
・高校時代に関心を持った社会課題
・社会課題解決に向けて取り組んだ活動、もしくはこれから取り組みたい活動


試験の様子

試験の様子

試験の様子

入試対策早わかり トップへ