山形エコハウスができるまで

木の伐採と乾燥

山形市の市有林で伐られた杉とカラマツを使って、このエコハウスは建てられました。山のなかで自然乾燥を行い、製材所でも人口乾燥にかけ、含水率20%以下にします。

基礎工事

床版にも断熱材が必要です。基礎立ち上がりに150mm、基礎底版下に100mmのポリスチレンフォーム断熱材を設定しています。また、シロアリをふせぐために蟻返しがつけられています。

建て方工事

山形市の市有林で伐られた杉とカラマツを使って、このエコハウスは建てられました。山の中で自然乾燥を行い、製材所でも人工乾燥にかけ、含水率20%以下にします。

サッシの取付け

サッシは熱がもっとも逃げやすいところ。断熱性能が特に求められます。ここではドイツ製の木製、高性能なトリプルガラスを採用しました。その結果、壁に近い断熱性能を持っています。

気密試験

断熱材を空隙なく充填させ、内側には気密シートを張ります。配管や配線などの気密も大事なポイント。最後に気密性能を確認するため、気密試験を行います。建物を閉め切り、減圧して隙間の大きさを測ります。

外壁工事

30mmの杉の外壁です。押し縁をあて、変形しにくくしています。外壁を木にすることは木材の使用量を増やし、環境にも優しいのです。

内装工事

木は調湿効果があるだけではなく、優しい印象を与えます。内装制限の影響を受けない部屋には積極的に杉を貼りました。さまざまな家具も多くは杉でできています。日本の住宅が育んできた木の文化を再興します。