歴史遺産学科の長井謙治専任講師と学生が「考古学」に掲載されました

2015.10.15.Thu

歴史遺産学科の長井謙治専任講師と歴史遺産学科の学生らが、季刊誌「考古学 第132号」に掲載されました。本号では、旧石器〜城門移行期に、自然環境と人類文化がどのように変化したのか、最新の研究動向を紹介。山形県高畠町に縄文時 […]

長井謙治専任講師が「第15回 縄文国際コンテンポラリー展 in ふなばし」でプレゼンテーション

2015.08.28.Fri

歴史遺産学科の長井謙治 専任講師が「第15回 縄文国際コンテンポラリー展 in ふなばし」の8月30日(日)に行われるクロージングイベントで『縄文アート座談会』基調提案者として参加されます。本展示では、「縄文」文化の理解 […]

文化財保存修復センター公開講座

2015.07.09.Thu

日本唯一の取り組みや世界遺産、無形文化遺産について 文化財保存修復研究センターでは、地域の文化財をいかに守り、その活用の技術的課題について地域の皆さまと共に考え、語り合う場として「公開講座」を 開講します。地域の生活 ・ […]

歴史遺産学科学生が、福島県棚倉町での講演会で発表

2015.04.27.Mon

歴史遺産学科4年の須貝慎吾さんが、福島県棚倉町で2月に開催された「まなびと学園講演会~棚倉町歴史まちづくり~」で、「棚倉城の石垣調査」について報告し討論を行いました。 ※報告当時は3年生 ■まなびと学園講演会~棚倉町歴史 […]

長井謙治 歴史遺産学科専任講師|国際学会発表

2015.04.27.Mon

長井謙治 歴史遺産学科専任講師と歴史遺産学科学生2名が、5月1日より韓国で行われる考古学の国際的な学会である「第7回遺産教育国際学会」および「第23回・旧石器フェスティバル」において、高畠町の日向洞窟に関する調査結果等を […]

長井謙治歴史遺産学科専任講師が愛媛新聞に執筆

2014.10.10.Fri

長井謙治歴史遺産学科専任講師が愛媛新聞の随筆枠「四季録」に毎週執筆しています。水曜日の掲載で、10月から掲載が始まり期間は3月31日まで。ぜひご覧ください。 新聞名:愛媛新聞 発行所名:株式会社愛媛新聞社 HP:http […]

長井謙治 歴史遺産学科講師へ三島海雲学術研究奨励金が贈呈されます

2014.06.02.Mon

長井謙治 歴史遺産学科専任講師へ「第52回三島海雲学術研究奨励金」が贈呈されることとなりました。この奨励金は、自然科学と人文科学の学術研究において、将来の発展が期待できる優れた研究を支援するために送られるものです。 なお […]

平成26年度科学研究費補助金・助成金の採択について

2014.05.19.Mon

歴史遺産学科の謝黎講師が研究を進める「『民族衣装』の創成と衣生活の変遷に見る東・東南アジア『華人性』の再構築」が、独立行政法人日本学術振興会の「平成26年度科学研究費補助金・助成金」の研究種目「基盤研究(C)」として採択 […]

カテゴリー