『千住博 ザ・スーパー・アートスクール』開設

2013.03.25.Mon

社会人向けスクール「東京芸術学舎」では、画家・千住博が世界を志す芸術家を徹底育成する講座を2013年夏より開設します。千住学舎長が一人ひとりと個別相談の上、毎回個別に課題を出題するゼミ形式で進行。幅広い視点でこれからの芸術と芸術家について考える講座です。受講者は選考を行い少数制で実施。作家として自立

第68回春の院展入賞者、入選者が発表

2013.03.25.Mon

日本美術院が主催する「第68回春の院展」に、以下の教員、大学院日本画領域生、同修了生、美術科日本画コース卒業生ほか、多数入選しました。2013年3月27日〜9月23日に順次国内を巡回します。

白竜銀河の森づくりプロジェクト活動報告2013

2013.03.22.Fri

このフォーラムでは、建築・環境デザイン学科の西澤研究室とチームを組み、2008年より十分一山を中心に取り組んできた環境ツーリズムプロジェクトを紹介し、これからの温泉街や周辺地域の持続可能な活性化のための方策や、農産物の地産地消や加工の新たなアイデアについて、お越しになった皆様とともに話し合います。

「紅花ルネサンス」を題材にした吉増剛造氏の詩が掲載されました

2013.03.21.Thu

テキスタイルコースが2012年12月22日に開催したシンポジウム「紅花ルネサンス」において、特別ゲストとして招いた詩人の吉増剛造氏が披露した詩が『現代詩花椿賞三十回記念アンソロジー』に掲載されています。この詩は、同氏が本学敷地内で学生たちが育てている紅花畑の取材をして制作したものです。本著は全国主要

東日本大震災に係る学費減免の継続申請書について

2013.03.18.Mon

本学では東日本大震災に係る学費減免の対象者について、下記のとおり継続して支援していくことが決定しております。 つきましては、東日本大震災学費減免決定者の方で継続的支援を希望する場合は、「学費減免等継続申請書」を提出の上、手続きをお取りいただくよう通知いたします。

高谷廉さんが仙台で「JAGDA新人賞展2012」展を開催します

2013.03.18.Mon

社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)は、日本を代表するグラフィックデザイナーの故・亀倉雄策氏を中心に設立され、現在約2,800名の会員を擁する日本で唯一のグラフィックデザイナーの全国組織です。同協会が主催する「JAGDA新人賞展2012」にて、彫刻コース卒業生でグラフィックデザイナー

南健吾さんがフランス・ボルドーで個展を開催します。

2013.03.18.Mon

洋画コース卒業生で現代美術家の南健吾さんが「16 rue Beyssac 33000 Bordeaux France」(フランス)で個展を開催します

大学院日本画領域修了生の小田倉由紀さんが個展を開催します

2013.03.15.Fri

大学院日本画領域修了生の小田倉由紀さんが個展を開催致します。独自の感性と色彩で、花をはじめ、植物、蝶をモチーフに生命の姿を生き生きと表現した日本画の展覧会です。

国立デザイン美術館をつくる会 第2回シンポジウム

2013.03.15.Fri

本学ではデザイナーの三宅一生氏と美術史家で国立西洋美術館館長の青柳正規氏により2012年9月に設立された「国立デザイン美術館をつくる会」の活動に賛同し、第2回パブリック・シンポジウムを開催致します。当日は、国内外の様々な領域で活躍するプロフェッショナルをゲストに迎え、日本の経済の発展を支えてきた「日

大学院環境デザイン領域生の野呂光平さんが「紺屋町番屋」(盛岡市)で展覧会を開催します

2013.03.15.Fri

大学院環境デザイン領域生の野呂光平さんが保存建造物「紺屋町番屋」(盛岡市)で展覧会を開催します。野呂さんはこれまで、盛岡市の自然や歴史を研究し、失われつつある杜陵(とりょう)の今後の有り方を模索・研究してきました。本展は、杜陵に住む方々に最も親しまれている中ノ橋のある中津川端の改修設計提案を展示しま

カテゴリー