「永山一郎・蔦谷一行 展」11/3(土)〜12/16(日)アトリエ・山形現代美術館

2018.11.01.Thu

基盤教育センター渡部泰山教授の私設美術館、「アトリエ・山形現代美術館」(新庄市)で第9回企画展「永山一郎・蔦谷一行~山形で夭折した二人の鬼才」が開催されています。 永山一郎(金山町生)は県内小学校の教師をしながら、詩、小 […]

渡部泰山教授が講演「佐藤義則の民俗、文芸作品の起点にあるもの~地方の教育・文化芸術のかがり火を求めて」10/27(土)最...

2018.10.17.Wed

基盤教育研究センターの渡部泰山教授が、最上町芸術文化協会設立50周年記念文化講演会で「佐藤義則の民俗、文芸作品の起点にあるもの~地方の教育・文化芸術のかがり火を求めて」と題して講演を行います。産土(うぶすな)の地にあって […]

渡部泰山教授が講演「文翔館ガイドボランティア第7期生養成講座」7/14(土)文飛館

2018.07.09.Mon

基盤教育研究センターの渡部泰山教授が、7月14日(土)13時30分〜15時に文翔館第一会議室で「文翔館ガイドボランティア第7期生養成講座」の講義、講演を行います。演題は「山形の文学・永山一郎文学の深淵」と題して行います。 […]

小林敬一教授が福島市中心市街地将来ビジョン検討委員会の副委員長に就任

2018.06.07.Thu

基盤教育研究センターの小林敬一教授が、福島市中心市街地将来ビジョン検討委員会の副委員長に就任しました。福島市は、ビジョン検討委員会の提言を踏まえ、中心市街地のにぎわい創出や交流人口の拡大に向けた将来ビジョンを年内にも決定 […]

渡部泰山教授/山形新聞に執筆・掲載

2018.04.24.Tue

基盤教育研究センターの渡部泰山教授が執筆した記事が、4月29日(日)、5月6日(日)、5月13日(日)の山形新聞朝刊に3週連続で掲載されます。戦中戦後の激動の時代にひたむきな愛に殉じ、28歳で夭折した閨秀の詩人、日塔貞子 […]

審査員「第50回東北地区高等学校演劇発表会」12/15(金)~17(日)山形市民会館

2017.12.11.Mon

基盤教育研究センターの渡部泰山教授が、山形市民会館で行われる「第50回東北地区高等学校演劇発表会」の審査員を務めることになりました。一般の方もご覧いただけますので、興味のある方は是非ご観劇ください。 第50回東北地区高等 […]

後援会会報誌「おむすび」第4号ができました

2017.11.30.Thu

東北芸術工科大学では、後援会会報誌「おむすび」第4号を11月30日に発行しました。下記URLより最新号がご覧いただけます。 おむすび vol.4 2-7p 特集1 「地元企業における人材確保・採用活動のコツ」 粟野武文 […]

「未来に広がる最上川229シンポジウム」11/19(日)

2017.11.09.Thu

基盤教育研究センターの渡部泰山教授が、「未来に広がる最上川229シンポジウム」のパネルディスカッション・コーディネーターを務めます。本シンポジウムは、最上川によってもたらされた特徴ある数数の地域文化を掘り起こし、県民に周 […]

個展「池田正展 ふたたび始まりの光景」9/23(土)〜10/21(土)アトリエ・山形現代美術館

2017.09.11.Mon

基盤教育研究センターの元教授 池田正非常勤講師の個展「池田正展 ふたたび始まりの光景」が9月23日(土・祝)よりアトリエ・山形現代美術館にて開催されます。ぜひ足をお運びください。   池田正 展 ふたたび始まり […]

渡部泰山教授/田川地区生徒指導連絡協議会研修会にて講演

2017.02.15.Wed

基盤教育研究センターの渡部泰山教授が、2月21日(火)14時20分~16時50分、鶴岡市勤労者会館大ホールで、「今、高校生に届けなければならない生涯の贈り物とは何か」の演題で講演します。本講演は、鶴岡警察署、山形家庭裁判 […]

12
カテゴリー