美術館大学センター

街そのものを美術館に / 美術館大学センター

本学では、キャンパス内の展示施設だけでなく、大学周辺の環境全体を地域社会に開かれた「オープン・エアー・ミュージアム」と捉え、地域密着型のアートプロジェクトを展開しています。その活動を担う本センターでは、学内教員がキュレーターとなり、年間を通して様々なアートプロジェクトを企画運営しています。その中でも現代アートの芸術祭「山形ビエンナーレ」は、県内外から延べ万千人以上が訪れる大きなイベントです。3回目となる2018年は、国の重要文化財「文翔館」や山形市中心街、大学を会場とし、週末日間にわたって多彩なプログラムを展開しました。学生は芸術祭を見て楽しむだけでなく、アーティストの創作活動のサポートや、会場運営スタッフとして関わり、新たな出会いや刺激を受ける機会を得ています。

美術館大学センター長 木原正徳

●美術館大学センターの活動に関するお問い合わせ
東北芸術工科大学 地域連携推進課
TEL:023-627-2091 FAX:023-627-2081
> 美術館大学センターwebsite