文化財保存修復学科

文化財保存修復学科

絵画修復(西洋・東洋)
立体作品修復/保存科学

学科のお知らせ

この分野の未来を語る

時を超えてつないでいく、
知識と技術

この学科では、今、大きなプロジェクトが進んでいます。“500体”の仏像修復。学生、教員が一丸となって取り組んでいます。修復作業とともに見えてきたのは、当時の技術、知恵、人々の営みや、大切に守ってきた人達のこころ。それは歴史の「物語」。これまでの文化財保存修復の主眼は「維持・継承」にありました。「物語」が見えてきた今、それを『生かす』というアイデアが求められています。子供から大人まで、他文化圏も含めた全ての人々にその魅力を伝え、自国の「物語」を知ってもらう。私たちもITや映像、3D計測などのデジタル技術を用いて、その魅力を伝えることを模索しています。次の世代へ向けて、文化財を守る修復技術者と、それを『生かす』人材が求められています。

  • この分野の未来を語る
    米村祥央 准教授/研究者。専門は、保存科学。東京藝術大学大学院・文化財保存学専攻修了後、元興寺文化財研究所にて研究員を務める。東日本大震災で被災した書物等の洗浄・修復作業に従事。
  • この分野の未来を語る
    柿田喜則 教授/東京藝術大学修士課程・博士課程にて仏像や古美術の造像技法の研究、修復技術を学ぶ。専門は、古典彫刻。彫刻家として新しい仏像などの制作も行う。東京文化財センター代表。

3つのPOINT

POINT1

学部から修復スキルを体得

本学では研究から実際の修復処置までを専門的に学ぶことができます。さらに、西洋絵画・東洋絵画・仏像の修復といった分野も学部から設置。芸術作品の修復にも携わることができます。

POINT2

全国初の大学附属文化財保存研究センター

町に点在する蔵や雛人形なども、実は暮らしと歴史のあるところに必ず存在する「文化遺産」。当センターは東北各地域の文化財を守る中核を担っており、実際に寄せられる修復依頼に演習を通して携われます。

POINT3

指導力の高さから身に付く知識と技術

本学では実際の作品修復を卒業研究にする学生も多く、そのための知識と技術を、教員たちが高い指導力で支えています。さらに修復のプロセスを通し、解決策を提案し実施する力と客観的な視点が養われています。

3つのPOINT

4年間の授業とカリキュラム

1年次基礎力の養成

保存修復に必要な作品の構造と技法を読み解く力を習得。さらに地域や博物館・美術館での文化財の保存、管理、展示方法などについても調査し、その価値を再認識するとともに社会への理解をも深めていきます。

名作絵画を模写

絵画・立体基礎演習2

西洋絵画の伝統的な技法である「卵テンペラ」など、名作絵画を模写する課題を通して、絵画の技法や構造を学び、作品を読み解く基礎を身に付けます。

カリキュラム
文化財管理の現場を見学

保存修復調査演習1

博物館、美術館、寺院における文化財の保存、管理、展示方法を見聞し、学芸員の業務を理解するため1泊2日の調査演習旅行を実施します。グループ制で事前調査を行い見学のポイントを理解することで、今現在の文化財管理の現状についてより深く理解することができます。

カリキュラム
カリキュラム カリキュラム

2年次技術をまなぶ

演習を通して素材の性質を理解することはもちろん、道具の扱いに慣れながら造形技術を学びます。また、基礎科学の知識や実験器具等の使用方法を学び、文化財調査の現場に必要となる基礎能力を習得します。

古典彫刻の理解を深める

立体技法演習3

仏像彫刻を学ぶ初期段階として古典彫刻の理解と素材や道具に慣れることを目的に、木彫実習「蓮弁づくり」を行います。実際に素材に触れることで、古典技法の表現や造形性を肌で実感。道具に慣れることで造形技術が身に付き、今後の修復演習につなげていくことができます。身に付けた造形技術は実際の作品を分析調査する上でも役立ちます。

カリキュラム
自然科学の基礎を習得

保存修復基礎科学演習

文化財保存修復にはさまざまな形で自然科学の知識と技術が関わることから、本演習では実験を通し自然科学の基礎を学びます。実験器具の使用方法やレントゲン撮影など、さまざまな題材を取り上げ学んでいきます。次年の応用演習を視野に入れ基礎をしっかりと学ぶことで、ステップアップを目指します。

カリキュラム
カリキュラム カリキュラム

3年次専門性を高める

保存科学、立体作品修復、西洋絵画・東洋絵画修復の中からゼミを選択。より高い専門スキルの取得に取り組みます。また、そこで得た成果をレポートにし発表するなど、調査研究のアウトプット能力も鍛えます。

東洋絵画修復専攻の基礎を習得

保存修復応用演習1

写真撮影や、修理カルテ作成、掛け軸を補強するための作業「裏打ち」の特訓など、東洋絵画修理に必要な知識と技術、調査研究方法を習得。また、適宜修理作品を用いて、各自調査を行い、自身の研究も深めていきます。

カリキュラム
多様な分析方法を学ぶ

保存修復応用演習1

文化財の保存修復において保存科学は非常に重要です。自然科学に関する知識と技術は基礎からしっかりと学ぶことが求められるため、範囲を絞り根幹となる演習を行います。科学データを正しく処理する方法の習得、出土遺物の保存処理実習、微小試料の樹脂包埋サンプル作製、蛍光X線分析装置や顕微鏡の使用法など内容は多岐にわたります。

カリキュラム
カリキュラム カリキュラム

4年次研究を深める

教員からのアドバイスのもと、自らテーマを決めて保存修復処置や研究に挑戦。その成果を卒業論文にまとめます。専門知識の応用は学芸員や保存修復技術者に限らず、一般企業など幅広い分野での活躍を可能にします。

研究テーマを設定し、卒業論文として発表
  • 〈 保存科学 〉
    山形県鶴岡市善寳寺五百羅漢像(H.30)の顔料分析とその考察
    ─ 五百羅漢像修復プロジェクトにおける保存科学的調査の一例 ―
    櫻井翔太

    山形県鶴岡市龍澤山善寳寺に約531体もの五百羅漢像が安置されている。羅漢像は1855 年に建立された五百羅漢堂に納められており、被った損失・劣化は今もなお進行し続けている。この状況に対し、平成27年度より本学の文化財保存修復研究センターが、「五百羅漢像修復プロジェクト」と題し、長期修復事業の一環として修復を進めている。(中略)これらを背景に本研究は、像の修復処置や時代変遷の追究に寄与すべく、五百羅漢像の修復に伴う科学調査・分析のうち、顔料調査を目的とした。また「五百羅漢像修復プロジェクト」における科学的アプローチの端緒とした。 ※以上、一部抜粋

  • カリキュラム
  • 〈 東洋絵画修復 〉
    双幅掛軸「地獄極楽図」の修理と各工房による掛軸の修理報告書比較と考察
    長澤岬

    この度、本学文化財保存修復センターにおいて2018 年度の受託修復作品として依頼された双幅掛軸「地獄極楽図」の修復作業に携わらせていただくこととなった。本卒業論文は、地獄極楽図の修復処置を行う中で、損傷の具合から修理方針の見直しと作業の変更が行われた。それをきっかけに修理工程に興味を持ち博物館等から出版されている修理報告書を読み始めた。様々な修理報告書を見る中、書式の違いや同じ言葉の意味の解釈の違い等があり正しい知識を得るのが難しいと感じた。そこで、修理報告書を年代による変遷や各工房と比較し理想の修理報告書について考察することで修理技術者の技術向上へと役立てるのではと考えた。※以上、一部抜粋

  • カリキュラム
  • 〈西洋絵画修復 〉
    坂本直行《春の日高》の保存修復処置
    ─亀裂接着に使用する材料選定─
    長澤岬

    坂本直行《春の日高》(図1)は、1950年頃作と推定される比較的状態の良い作品であると同時に、特徴的な絵画層の亀裂が観察できる作品である。一般的に亀裂周辺箇所においては、絵画層等の浮き上がりや剥離が生じやすいため、その防止処置として接着強化は重要な処置と言える。可逆性などの観点から、画布に描かれた油彩画における接着強化処置には膠がよく用いられるが、その中でも最適な膠を選定する基準の一つとして、当研究においては柔軟性に着目した。なぜなら、当作品は柔軟性が良く、今後の画布の膨張・収縮が予想されるからである。よって、支持体の将来的な膨張・収縮に追随する柔軟性のある膠を選定する事を目的とする。 ※以上、一部抜粋

  • カリキュラム
  • 〈立体作品修復 〉
    広隆寺木造弥勒菩薩半跏像の特異な造形性について─広隆寺木造弥勒菩薩半跏像 頭部の模刻制作を通じての一考察─
    坂上滉平

    広隆寺木造弥勒菩薩半跏像(図1)は、7世紀作の、宝冠弥勒の名で親しまれている著名な作例である。先行研究では、朝鮮半島との関係性が示されており、百済、新羅からの請来像であるとする説が挙げられている。また、朝鮮半島から請来したアカマツを日本で彫刻し、足りない部分に日本のクスノキを使用したという説も挙げられており、制作地、様式共に不明な点が多くある。本研究では、「広隆寺木造弥勒菩薩半跏像」頭部模刻制作を通して、当該像の持つ特異な造形性について確認し、先行研究における様々な諸説について考察する。 ※以上、一部抜粋

  • カリキュラム
カリキュラム カリキュラム

卒業時取得可能資格:

学芸員
※指定の科目を受講することで取得できます。

リアルな学び

本物の文化財に触れながら、
修復を学べる。

「文化財」と言うと博物館や資料館に保管されているものと思いがちですが、寺院に残る仏像や神社に伝わる獅子舞、町に点在する蔵、雛人形なども、実は暮らしと歴史に密着した文化財です。全国初の大学附属文化財保存研究の拠点である「文化財保存修復研究センター」では、山形を中心に東北各地域の文化財を守る中核を担っています。文化財保存修復学科では、当センターに寄せられる文化財や美術品の修復依頼に演習を通して携わることができます。

センター内部門
立体作品修復/古典彫刻修復/東洋絵画修復/西洋絵画修復/歴史・考古研究/保存科学
センター長:澤田 正昭

リアルな学び

様々な地域の文化財を修復

東洋絵画修復部門で扱う作品は、山形近県からの依頼が多く、掛軸の絵画や冊子、板や紙に描かれた絵馬、絵地図、文書、襖絵などの保存修復に取り組んでいます。2018年度には、上山市の春光院から依頼のあった掛軸「地獄極楽図」の修復を実施しました。

リアルな学び

三内丸山遺跡の遺構保存処理

三内丸山遺跡は約5500年~4000年前の縄文時代の集落跡です。非常に貴重な考古資料のため、清掃作業等のメンテナンスは一人が作業者を監視する2人一組で実施。析出物の分析の他、作業中の温湿度を記録するなど、さまざまな保存活動を行いました。

リアルな学び

被災文化財レスキュー

東日本大震災においても東北にある唯一の保存修復の専門機関として携わっています。津波で被災した宮城県石巻文化センターの立体作品や、博物館・美術館などから預かった文化財は5000点以上。2017年度でほぼ全作品の応急処置と修復を終えました。

リアルな学び

内定者の声

焦らず確実に対処することで、
困難な状況でも解決できると実感。

特種東海製紙株式会社
(紙類、パルプ類の製造、加工・販売等)
木村 優香/常磐大学高等学校(茨城県)出身

ものを後世につなぐという職人的な仕事に魅力を感じていた私が、西洋絵画の修復と同時に興味を持ったのが「紙」でした。先生に背中を押していただき、ゼミでは油彩画の修復を、そして個人で紙の研究を続けてきました。その経験が卒業論文、就職へとつながっています。『特殊東海製紙』は紙製品の研究開発だけでなく、紙の資料保護や企画展にも注力しています。これまでに得た保存的観点からの知識を生かしながら、紙素材の開発事業にも積極的に関わり、紙の可能性を広げていきたいです。

内定者の声

インターンシップで体感した、
プロとして仕事に向かう姿。

株式会社保志
(仏壇、仏具、位牌製造販売)
助川 和駿/茨城県立笠間高等学校 出身

1年の時、ある授業で先生が仰った「大学は社会に出るための準備期間」という言葉をきっかけに、自分は何がしたいのか、どういった人間になりたいのかを考えながら大学生活を送ってきました。3年の時に参加した仏壇・仏具メーカー『保志』のインターンシップでは、プロとしての自覚を持って仕事に向かう姿勢を体感。さらに社員の方々との交流を通じ、この会社で働きたいという想いを強くしました。今後は私もプロ意識、社会人としての責任を持って仕事に打ち込んでいきたいと思います。

内定者の声

主な進路実績

主な進路実績 主な進路実績 主な就職企業一覧

主な就職企業一覧

【団体等】秋田県立美術館/奥州市牛の博物館/奥松島縄文村歴史資料館/ 清春白樺美術館/ 新庄もがみ農業協同組合/多賀城市埋蔵文化財調査センター/ 東北芸術工科大学/なす風土記の丘資料館/ 新潟市民芸術文化会館/日本青年奉仕協會ボランティア365 /兵庫県教員/真下慶治記念美術館/みどり推進機構(山形県源流の森)/山形美術館/山形県生涯学習文化財団/山形県埋蔵文化財センター/ 東海道広重美術館/ 新潟市新津鉄道資料館/ 東京国立博物館/ 森絵画修復工房/東北古典彫刻修復研究所/文化財修復工房明舎/北海道立芸術の森美術館
【機械、電器、自動車等】 テックエンジニアリング

【金融、保険等】日本生命保険相互会社/きらやか銀行/山形信用金庫
【建設、住宅メーカー等】感動ハウス/守屋木材/CONYJAPAN
【家具、装飾、貴金属等】アレックス/パール工芸/山岸織物/バーンリペア
【公務員】陸上自衛隊/ 国立国会図書館/八戸市役所/山形市/山形市立図書館
【出版、印刷、新聞等】三晃印刷/ 瞬報社写真印刷/中央出版/ 東洋印刷/山形新聞社/ヨシダ印刷/特種東海製紙/精英堂印刷/ナカバヤシ/川嶋印刷/小松写真印刷

【放送、音響、映像制作等】NHK 山形放送局/山形放送
【その他(製造、サービス、小売他)】アルケ通信社/保志/アークベル/一楽荘/オール5 / 岡村製作所/資料保存器材/キクチ/きものブレイン/コニシ/コムデギャルソン/金剛株式会社/スガ試験機/ 世界堂/ 宗家源吉兆庵/多田木工製作所/第一貨物/大丸藤井/とみひろ/ナウエル/ 西川物産/ハイスタッフ/ 東あられ本舗/ビジョンクリエイツ/フラワー&グリーンマルソー/平安典礼/ベルグラン/マンパワーグループ/ムラヤマ/ヤガイ/ライフ/やまや/タカサワ/阿部長商店/イカリ消毒/エンライズコーポレーション/コスモネット/ひかり味噌/ジャヴァコーポレーションほか

教員紹介