文化財保存修復学科

絵画修復(西洋・東洋)
立体作品修復
保存科学

文化財保存修復学科

絵画修復(西洋・東洋)
立体作品修復/保存科学

学科の概要

時を越えてつないでいく、
知識と技術

文化財保存修復は、宗教や価値観の多様性を互いに認めることが基本にあり、歴史を語るモノを継承することで未来を開く分野。これからの世界で人類はどのように生きていくか、そのヒントを得る可能性に満ちた学問です。日本は令和の新しい時代を迎えましたが、世界には難しい問題が山積し、民族や宗教、価値観の違いによる争いが絶えません。こうした今だからこそ、文化財保存修復を学ぶ意義があります。技術の習得だけではなく、文化財が語り伝えることを読み取り、そこから人、地域、世界に変化をもたらすことができる人、他民族や多様な文化との相互理解を促す、新しい形の専門家を育成します。

資料請求

3つのPOINT

POINT1

学部から修復スキルを体得

本学では研究から実際の修復処置までを専門的に学ぶことができます。さらに、西洋絵画・東洋絵画・仏像の修復といった分野も学部から設置。芸術作品の修復にも携わることができます。

POINT2

全国初の大学附属文化財保存研究センター

町に点在する蔵や雛人形なども、実は暮らしと歴史のあるところに必ず存在する「文化遺産」。本センターは東北各地域の文化財を守る中核を担っており、実際に寄せられる修復依頼に演習を通して携われます。

POINT3

指導力の高さから身に付く知識と技術

実際の作品修復を卒業研究にする学生も多く、そのための知識と技術を、教員たちが高い指導力で支えています。さらに修復のプロセスを通し、解決策を提案し実施する力と客観的な視点が養われています。

4年間の授業とカリキュラム

1年次基礎力の養成

保存修復に必要な作品の構造と技法を読み解く力を習得。さらに地域や博物館・美術館での文化財の保存、管理、展示方法などについても調査し、その価値を再認識するとともに社会への理解も深めていきます。

カリキュラム
市販の絵の具を使用せず、学生自ら練った絵具で模写をすることで、絵画の構造や技法・材料を学びます。
カリキュラム
「文化財管理の現場を見学」保存修復調査演習1/東北地方の美術館、博物館、寺院における文化財の保存、管理、展示方法を見聞し、管理者の業務を理解するため1泊2日の調査演習旅行を実施します。

2年次技術をまなぶ

演習を通して素材の性質を理解することはもちろん、道具の扱いに慣れながら造形技術を学びます。また、基礎科学の知識や実験器具等の使用方法を学び、文化財調査の現場に必要となる基礎能力を習得します。

カリキュラム
保存科学演習では、研究に応用できる基本的な化学実験の方法や科学的な考え方、レポート作成法を学びます。
カリキュラム
「古典彫刻の理解を深める」立体修復・技法演習2/仏像彫刻を学ぶ初期段階として、木彫実習「蓮弁づくり」を行います。古典技法の表現や造形性を肌で実感し、身に付けた造形技術を今後の修復演習につなげていきます。

3年次専門性を高める

保存科学、立体作品修復、西洋絵画・東洋絵画修復の中からゼミを選択。より高い専門スキルの取得に取り組みます。また、そこで得た成果をレポートにして発表するなど、調査研究のアウトプット能力も鍛えます。

カリキュラム
東洋絵画修復ゼミでは和紙や小麦澱粉糊を使用した伝統的な修復作業を体験します。
カリキュラム
「西洋絵画修復の基礎を習得」保存修復応用演習1(西洋絵画修復専攻)/写真撮影や作品の調査書作成、修復計画立案を経て、剥離接着のような実地的な修復訓練など、西洋絵画修復を支える知識と技術を養いながら、専門性を高めていきます。

4年次研究を深める

教員からのアドバイスの下、自らテーマを決めて保存修復処置や研究に挑戦。その成果を卒業論文にまとめます。専門知識の応用は学芸員や保存修復技術者に限らず、一般企業など幅広い分野での活躍を可能にします。

カリキュラム
保存科学:庄司沙織『聖ペテロ教会聖堂 疑似ステンドグラスの劣化調査』 /山形聖ペテロ教会聖堂(山形市)のステングラスは透明なガラスに装飾シートが貼られた珍しいタイプで、現在その劣化が問題になっています。環境調査とサンプルの分析から劣化要因や材質的特徴を検討し、歴史的な調査も加えて保存・活用を考察しました。
カリキュラム
東洋絵画修復:有路萌子『法音寺「十二天像」保存修復―応急修理における折れ伏せ―』 /八海山法音寺(米沢市)所蔵「十二天像」の保存修復作業に参加し、掛軸の修理において重要な「折れ伏せ」という作業の研究を行いました。「十二天像」の修理作業を報告するとともに、折れ伏せに適した接着剤やその濃度を実験から考察しました。

リアルな学び

リアルな学び

文化財保存修復研究センターとの連携研究

全国初の大学附属文化財保存研究の拠点である「文化財保存修復研究センター」では、山形を中心に東北各地の文化財を守る中核を担っています。文化財保存修復学科では、当センターに寄せられる文化財や美術品の修復依頼に演習を通して携わることができます。

文化財保存修復研究センターWebサイト

リアルな学び

善寳寺五百羅漢像
修復プロジェクト

文化財保存修復研究センターでは、現在、山形県鶴岡市善寳寺の五百羅漢堂内に安置されている531 体の仏像群の保存修復を行っています。「五百羅漢修復プロジェクト」は2015 年より開始され、今年で5 年目を迎えています。約20 年の歳月をかけて行う本プロジェクトは、これまでに30 体の修復が完了、2019 年度は20 体の修復を行っています。

リアルな学び

三内丸山遺跡遺構修復作業

三内丸山遺跡は約5500 年~ 4000 年前の縄文時代の集落跡です。遺跡が保存整備されて20 年が経過し、遺構のメンテナンスが必要になっています。当センターはこれまでに北盛土や大型竪穴建物跡等の保守作業を請け負い、文化財保存修復学科の学生も現地作業に参加しています。

主な進路実績

主な進路実績 主な進路実績

【団体等】秋田県立美術館/奥州市牛の博物館/奥松島縄文村歴史資料館/清春白樺美術館/元興寺文化財研究所/新庄もがみ農業協同組合/多賀城市埋蔵文化財調査センター/東海道広重美術館/東京国立博物館/東北芸術工科大学/東北古典彫刻修復研究所/なす風土記の丘資料館/新潟市新津鉄道資料館/新潟市民芸術文化会館/日動画廊/日本青年奉仕協會ボランティア365/文化財修復工房明舎/兵庫県教員/北海道立芸術の森美術館/真下慶治記念美術館/みどり推進機構(山形県源流の森)/森絵画修復工房/諸橋近代美術館/山形県生涯学習文化財団/山形県埋蔵文化財センター/山形美術館
【機械、電器、自動車等】テックエンジニアリング
【金融、保険等】きらやか銀行/日本生命保険相互会社/山形信用金庫
【建設、住宅メーカー等】感動ハウス/CONYJAPAN/守屋木材
【家具、装飾、貴金属等】アレックス/パール工芸/バーンリペア/山岸織物
【公務員】陸上自衛隊/ 国立国会図書館/八戸市役所/山形市/山形市立図書館
【出版、印刷、新聞等】川嶋印刷/小松写真印刷/三晃印刷/瞬報社写真印刷/精英堂印刷/中央出版/東洋印刷/特種東海製紙/ナカバヤシ/山形新聞社/ヨシダ印刷
【放送、音響、映像制作等】NHK山形放送局/山形放送
【その他(製造、小売、サービス等)】アークベル/阿部長商店/アルケ通信社/イカリ消毒/一楽荘/エンライズコーポレーション/オール5/オカムラ/歌舞伎座舞台/キクチ/きものブレイン/コスモネット/コニシ/コムデギャルソン/金剛/ジャヴァコーポレーション/スガ試験機/世界堂/資料保存器材/宗家源吉兆庵/第一貨物/タカサワ/多田木工製作所/大丸藤井/とみひろ/ナウエル/中川装身具工業/ナカバヤシ/西川物産/ハイスタッフ/東あられ本舗/ひかり味噌/ビジョンクリエイツ/フラワー&グリーンマルソー/平安典礼/ベルグラン/保志/マンパワーグループ/ムラヤマ/ヤガイ/やまや/ライフ ほか

学科のデータ

入学定員:
26名(2020年度)
在学生数:
103名(2020年度)
卒業時取得可能資格:
学芸員
※指定の科目を受講することで取得できます。
資料請求