土田翔さんと横田勇吾さんがクマ財団の奨学生となりました。

 

> 美術科・日本画コースの詳細へ

> 美術科・総合美術コースの詳細へ

 

大学院複合芸術領域1年生の土田翔(つちだ・しょう)さん、美術科総合美術コース3年生の横田勇吾(よこた・ゆうご)さんがクマ財団の奨学生となりました。クマ財団は、株式会社コロプラ代表の代表 馬場功淳氏が学生クリエイターの支援と育成のためのために設立した奨学金制度で、アート、テクノロジー、エンターテインメントなど、ジャンルを問わず、自らの創作活動を支援するものです。1年間120万円の「給付型奨学金​」と年間カリキュラムを通して、総合的にサポートされます。

土田さんは、絵画や立体、映像、音などの手法、廃棄物や電化製品、建材、ミクストメディアを使用した複合表現を研究しています。(「メディアアート・絵画」の分野/クマ財団 第4期生として採択)

横田さんは、ダンスチーム 「EdeeT(エディート)」として、紅白歌合戦出演やロサンゼルスで行われる世界大会「World of Dance」に出場。ニューヨーク「アポロシアター」にて数々の大会を勝ち上がるなど、国内外問わず活動し実績を残しています。(「パフォーマンス・ダンス」の分野/クマ財団 第3期生・第4期生として2年連続採択)

 
詳細はこちらの「クマ財団」ホームページからご覧からご覧ください。

 

> 美術科・日本画コースの詳細へ

> 美術科・総合美術コースの詳細へ

カテゴリー