企業の皆様へ:就職・採用活動等への特段の配慮のお願い

2020年4月21日

採用担当者 御中

東北地区私立大学就職問題協議会
会長 武田三弘

新型コロナウイルス感染症感染拡大防止への対応を踏まえた
2020年度卒業・修了予定者等の就職・採用活動等への特段の配慮のお願い

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

強い緊張感と使命感を持って就職活動を続けている学生は、新型コロナウイルス感染の危険と隣り合わせの中、企業情報の収集や選考参加のため、自治体等からの外出自粛の要請がありながらも、自らの将来を考えて外出しての就職活動をせざるを得ない厳しい状況となっています。
すでに、令和2年3月13日付、内閣官房、厚生労働省、経済産業省、文部科学省からの連名にて、新型コロナウイルス感染症への要請に御対応をいただいていることと存じますが、いま一度、学生の現状を鑑みていただき、恐縮ではございますが、採用活動におきまして、なお一層のご配慮がなされますよう、御理解と御協力のほどよろしくお願い申し上げます。

<2020年度卒業・修了予定者等を対象とした企業への要請事項について>

企業説明会について

  1. 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討すること。
  2. 出席者へのマスクの着用や手洗いの推奨、会場では検温の他、アンケート用紙による移動手段や体調チェック、個人の連絡先の記入をはじめ、アルコール消毒薬の設置、こまめな換気の実施など感染の拡大防止に十分配慮すること。
  3. 学生が出席できなかったことをもって、その後の採用選考に影響を与えることがない旨を、積極的に情報発信すること。
  4. インターネットをはじめ多様な通信手段を活用した代替的な企業説明会を積極的に実施すること。

エントリーシート等について

  1. 学生が企業を理解する十分な機会を確保するため、エントリーシートの提出期限の延長を積極的に検討すること。併せて、健康診断書についても同様とする。

採用選考活動について

  1. 新型コロナウイルス感染症予防に伴う政府要請を踏まえ、雇用のミスマッチを防止するため、令和2年6月1日以降の開始を遵守すること。現行の採用選考日程を基本としつつ弾力的な採用選考活動を実施すること。
  2. 採用選考日程を後倒しにするなど柔軟な日程の設定や秋採用・通年採用などによる一層の募集機会の提供を行うこと。
  3. 感染が拡大している地域への学生の移動を極力制限し、インターネットをはじめ多様な通信手段を活用した面接や試験を実施すること。

以上

【 参考 】
◆経済産業省、内閣官房、文部科学省、厚生労働省と連名での関係団体への要請文(2020年3月13日付)

◆日本私立団体連合会からの、新型コロナウイルス感染症拡大を踏まえた、2020年度卒業・修了予定者の就職活動に関する要望(2020年3月31日付)

問い合わせ窓口
東北芸術工科大学キャリアセンター
TEL:023-627-2194

カテゴリー