芸工大が設計デザインした鮭川村のリノベーション物件が完成

‣ 建築・環境デザイン学科の詳細へ

本学が山形県と山形県鮭川村、山形県すまい・まちづくり公社と連携協定を結び実施している、鮭川村内の空き家利活用事業。リノベーションによる最初の物件が完成し、4月16日(木)に報道関係者向けの内覧会が行われました。

リノベーションが行われたのは、山形県鮭川村にある、築約40年の木造2階建ての住宅。建築・環境デザイン学科の西澤高男(にしざわ・たかお)准教授と西澤研究室に所属する学生が設計・デザインを担当しました。
1階中央には土間を設けたほか、ペレットストーブを設置。断熱が施された「断熱障子」は、学生たちがDIYで制作したものです。

「断熱障子」制作の様子

2020年4月にはTV局の取材も

物件の詳細は、鮭川村公式ウェブサイトにてご覧いただけます。
日下地区定住促進住宅の入居者を募集します(鮭川村公式ウェブサイト)

‣ 建築・環境デザイン学科の詳細へ

カテゴリー