地域の皆様へ(山形大学・東北文教大学との共同メッセージ)

投稿日:2020年4月16日

前文(東北芸術工科大学・山形大学・東北文教大学の共通メッセージ)

新型コロナウイルス感染症の流行を受け、感染拡大防止に向けて各大学がどう対応するかが、社会的な関心を集めています。安全と健康を第一に掲げながらも、大学の社会的使命である教育、研究、地域貢献活動を続けるには、何よりも地域の皆様からのご支援が欠かせません。

この状況をふまえ、山形市に本部を置く山形大学、東北芸術工科大学、東北文教大学の3大学が共同で、大学教育へのより一層のご理解について、地域の皆様へメッセージを発信させていただくことといたしました。

◆ 私たちは、人々の健康を守ることを最優先に考え、大学の使命を果たします。

学生・教職員はもとより、地域に暮らすあらゆる皆様の健康と、安全で安心した生活を確保するために、地域に根ざす高等教育機関として、最大限の努力を続けていきます。

◆ 私たちは、いかなる場合でも、未来を担う学生への教育を継続します。

学生は未来の地域を支える、大切な存在です。どのような状況下でも、知恵を絞り、あらゆる手段で、熱意ある学生たちへ修学機会を提供し続けます。

芸工大として何をすべきか

日頃より東北芸術工科大学をご支援いただきありがとうございます。

美しい春の香りの広がる山形にも、ついに世界に広がるウィルスの脅威が届いてしまいました。県からは緩やかな休業要請が出されていますが、芸工大は授業を始めなければなりません。大学といたしましては、文科省からの全国大学一斉休止等の強い指示でもない限り、学生への教育活動を継続しなければならないからです。

このウィルスから身を守るにはもう「移動しない、家を出ない、人に会わない」ことしかありません。芸工大は既に発表されている通り5月18日から始業いたしますが、全ての授業を「学生が移動せずに自宅で受講できる」よう、インターネットなどを活用したリモート形式で行うことと決定し、県からの要請にお応えする形の準備を続けております。

全国から学生が集まり、首都圏からの通勤教員やゲスト教員も多いことが芸工大の特徴でしたが、県外からの学生の移動はすでに制限しており、全ての学生の大学への立ち入り、及び首都圏からの教員の移動も停止します。

芸工大は、日頃より県民のみなさんや地域社会に学ばせていただいています。本来ならば、このような窮地にこそ、本学の有する知見や学生たちのアイデア、デザインとアートの力を結集し、芸工大らしい明るさで地域のお役に立ちたいところです。多くの学生たちも何か行動を起こしたいと躍起になっています。しかしながら、学生たちを集結させること自体が憚られ、逆の影響を懸念せざるを得ない状況に、言いようのないジレンマを抱えております。

芸工大生の約1,800人は、この地域に暮らす住民です。高齢化が進むこの山形に多くの学生が住まう状況は、決して芸工大だけの心配事ではありません。
学生に向けては、できるかぎりの感染予防、地域への責任、自己管理の重要性を説き、指導する所存です。なによりも学生とご家族自身も大きな不安を抱えたままの始業ですが、是非とも地域のみなさまからのご協力とご理解をいただきますよう宜しくお願いいたします。

ウィルス問題収束後の山形を明るく照らすために、東北芸術工科大学は、しばらくじっと力を蓄えておくことにします。

東北芸術工科大学 学長 中山ダイスケ

3大学のメッセージ全文

カテゴリー