家計急変に伴うJASSO奨学金の申し込みについて(新入生・在学生対象)

日本学生支援機構(JASSO)では、家計急変に対応する奨学金を案内しております。
以下事例に該当するような事由で家計が急変し(あるいは急変する見込みであり)、奨学金を検討している方には関係資料を送付します。以下のフォームから資料を請求してください。

※家計急変用の奨学金は修学支援制度(JASSO給付奨学金・授業料減免)とJASSO貸与奨学金でそれぞれ案内があります。
※貸与奨学金を受給中でも修学支援新制度の家計急変に申し込むことができます。
※家計急変用ではなく通常の方法で奨学金を申し込んだ場合、JASSOでは申込者から提出されたマイナンバーでのみ家計基準の審査を行います。マイナンバーから得られる家計情報は約1年前の状況であるため、家計急変後の情報では審査されません。

 

 

1.家計急変用の奨学金資料は こちら>  から請求してください

2.家計急変奨学金の採用要件

1)修学支援新制度(JASSO給付奨学金・授業料減免)の家計急変

予期できない事由により家計が急変し、急変後の収入状況が住民税情報に反映される前に緊急に支援の必要がある場合には、急変後の所得の見込みにより要件を満たすことが確認されれば給付奨学金の支援対象となります。
原則、家計急変の事由発生から3か月以内の申し込みが必要ですが、新入生の場合は、入学前年の1月(入学の15か月前)以降に家計が急変した学生については、入学後2か月以内まで申し込みが可能です。また在学生については、2020年度のみ、2019年1月以降に家計が急変した場合が対象となりますが、その場合も進級後2か月以内で申し込む必要があります。

要件など詳細は < こちら > をご覧ください 
<概要>
・家計急変の事由、発生時期によっては対象にならない場合があります。
 こちら で事前に要件を確認してください。
事前に「進学資金シミュレーター(保護者の方向け)」において家計急変後の
 所得情報でシミュレーションし「対象」となるかをご確認ください。
・要件を満たす場合は新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変
 した場合も支援対象となります。
 ※後日公的支援を受けたことを証明する書類の提出が必要となります。

 

2)緊急奨学金(第一種)・応急奨学金(第二種)(いずれも貸与型)

現下の厳しい経済状況等を考慮し、失職、破産、事故、病気、死亡等もしくは火災、風水害等の災害等又は学校の廃止によりやむを得ず他の学校に入学することで修学に要する費用が増加したことにより家計が急変し、緊急に奨学金の必要が生じた場合は、次により奨学生として採用します。

要件など詳細は < こちら > をご覧ください
<概要>
・家計急変の事由が過去1年以内に発生したものが対象となります。
 年間を通じて随時申し込みが可能です。
・「第一種奨学金」貸与中の場合「応急奨学金(第二種)」のみ申請可能です。
・「第二種奨学金」貸与中の場合「緊急奨学金(第一種)」のみ申請可能です。

 

3.相談窓口
教学課・奨学金担当(023-627-2010)

カテゴリー