グラフィックデザイン学科プロジェクトチームが「やまがた雪フェスティバル2020」でメインステージの雪像デザインとワークショップを行いました。

> グラフィックデザイン学科の詳細へ

「山形県を挙げたイベント 山形行きフェスティバル」

グラフィックデザイン学科では、「雪祭り実行委員会」(会長 佐藤洋樹 氏)から受託を受け、産学連携プロジェクトとして、学生有志たちが原高史同学科教授の監修のもと、「やまがた雪フェスティバル2020」(会期:2020年1月31日~2月2日開催/会場:最上川ふるさと総合公園)のメインステージの雪像をデザインしました。

本学のグ「やまがた雪フェスティバル2020」メインステージの雪像「YAMAGATA2020~前へ~」。デザインには、オリンピック開催年の今年、「山形も一丸となって前へ進む」というメッセージが込められています。

同学科では2017年より、雪フェスのコンセプトに合ったメインステージの雪像デザインを継続して手掛けています。今年は、シンボル雪像のデザインほか、「初彫り式」にも参加。また会期中は、同プロジェクトチームがデザインしたわたあめの販売とワークショップも実施しました。

> グラフィックデザイン学科の詳細へ

カテゴリー