芸工大でクラウドファンディングプロジェクトを2/10~始動「あなたの日常や思いを作品にします」

> 美術科・工芸コースの詳細へ

プロジェクトチーム「T.I.P」(TUAD INCUBATIOM PROGRAM)メンバーの5人。実力派の選抜チームで、この4年間、洋画、日本画、工芸をそれぞれ学んできた。今年からは大学院に進みさらに制作を続ける。

東北芸術工科大学では今年度より、クラウドファンディングでアーティストを目指す本学学生たちの制作支援を行っています。

アートや芸術の価値は美しさや独創性だけではなく、私たちの日々の記憶や残しておきたい出来事を、素敵な思い出として昇華する力もあります。みなさんの日常を素敵に彩る方法のひとつとしてアートを寄り添わせたい。そんな思いから「あなたの日常の出来事や思いをアート作品に。」というタイトルで2月10日から1ヵ月間、大手プラットフォームCAMPFIREで、新しい作品の市場を創り出そうと、購入型のクラウドファンディングにチャレンジしている学生たちがいます。
「あなたの日常の出来事や思いをアート作品に。」

現在5名の学生がチャレンジをしていますが、彼らは本学学内で結成された「T.I.P」(TUAD INCUBATIOM PROGRAM)という実力派の選抜チームで、この4年間、洋画、日本画、工芸を学び、今年からは大学院に進み、さらに制作を続けます。作品にはそれぞれ特徴があるため5回に分けて紹介していきます。今回は近藤七彩さん(工芸コース4年生)をご紹介します。

近藤七彩|懐かしさを感じるモノを現代的に作り変えて「新規性を注入」


「古いものに目がないんです」と笑顔がチャーミングな近藤さんの作品は、古いものに新しい要素をプラスするという方法で制作しています。「どんなに良いものもでも、使っているうちに様々な理由で必要性がなくなることがあります。また、売られたり譲られたりすることで次の持ち主にわたり、新しい場所でまた使われることもあります。私の作品は、そうしたものの循環の中に“新規性を注入”する作業です。」と近藤さんは表現します。

現代日本に伝統的なものと、私たちのライフラインとなる構造の融合。

そんな近藤さんの作品はどれも、繊細な懐かしさとともに大胆な要素が感じられます。鏡台や茶箪笥といった茶の間などにある懐かしい生活家具が、鉄や真鍮などの金属を用いて現代的に作り変えられています。ワインボトルやお盆なども使って制作することもあるそうです。

「東北芸術工科大学 卒業/修了研究・制作展」(2020年2月6日~2月11日)出品作品。2月22日~26日まで開催する「卒業・修了展[東京展]」(東京都美術館)でも出品されます。

 

こちらはバイクのテールライトと真鍮を組み合わせて作った作品です。花を生けたり、キャンドルを入れたりしても楽しめそうです(こちらはすでに完売)。日常の物で近藤さんに作品にしてもらえそうな意外なものがないか、つい妄想してしまいます。


今回のクラウドファンディング では、近藤さんが古いものを見立てて制作するお任せのリターンと、不要になったものを一点送って頂き、それを作品にして送り返すタイプのリターン(不用品をいただいてから1か月程度の制作期間をいただきます)と2種類があります。

近藤さんの作品は、もともと私たちの日常にあるものを作り変えていますので、日本特有の「床の間」や、玄関などの家屋空間に似合うように思います。また、近年、古材を使ったリノベーション物件も多く見られるようになりました。古材を使ってリノベーションを手がける建築家のみなさんなども、彼女に古材でかっこいいオブジェや家具の作品を作ってもらうのはいかがでしょうか。

「あなたの日常の出来事や思いをアート作品に。」(CAMPFIRE)

> 美術科・工芸コースの詳細へ

カテゴリー