芸工大でクラウドファンディングプロジェクトを2/10~始動「あなたの日常や思いを作品にします」

> 美術科・日本画コースの詳細へ


プロジェクトチーム「T.I.P」(TUAD INCUBATIOM PROGRAM)メンバーの5人。実力派の選抜チームで、この4年間、洋画、日本画、工芸をそれぞれ学んできた。今年からは大学院に進みさらに制作を続ける。

東北芸術工科大学では今年度より、クラウドファンディングでアーティストを目指す本学学生たちの制作支援を行っています。

アートや芸術の価値は美しさや独創性だけではなく、私たちの日々の記憶や残しておきたい出来事を、素敵な思い出として昇華する力もあります。みなさんの日常を素敵に彩る方法のひとつとしてアートを寄り添わせたい。そんな思いから「あなたの日常の出来事や思いをアート作品に。」というタイトルで2月10日から1ヵ月間、大手プラットフォームCAMPFIREで、新しい作品の市場を創り出そうと、購入型のクラウドファンディングにチャレンジしている学生たちがいます。
「あなたの日常の出来事や思いをアート作品に。」

現在5名の学生がチャレンジをしていますが、彼らは本学学内で結成された「T.I.P」(TUAD INCUBATIOM PROGRAM)という実力派の選抜チームで、この4年間、洋画、日本画、工芸を学び、今年からは大学院に進み、さらに制作を続けます。作品にはそれぞれ特徴があるため5回に分けて紹介していきますが、今回はメンバーの一人、土田翔さん(日本画コース4年)を紹介します。

土田翔さん|アートを手法として、自分が生まれた「地域」向き合う

土田さんは普段、日本画を表現の中心としながら、立体、映像作品、音、インスタレーションなども取り入れて作品を制作。パフォーマンスもするため、写真で手にしているバッドも彼にとっては表現道具のひとつ。

土田さんは自分が生まれた東北、福島という「地域」に、アートを手法として向き合うことに様々な可能性を感じているそうです。この写真はちょっとハードボイルドな雰囲気ですが本人はとてもソフトな語り口で、そのギャップが魅力的な方でもあります。この2月に本学を会場として開催した「東北芸術工科大学 卒業/修了研究・制作展」(2020年2月6日~2月11日)で、土田さんの作品は日本画コース「最優秀賞」となりました。実力も兼ね備えています。

風景と一体になって写し取る「直写」

彼は、対象となる風景と向き合い一体になるという「直写」(ヨミ:ジキシャ/山形県出身の画家 小松均氏が、モチーフである最上川を、地域に入って取材し、その風景と向き合い一体になって描いた手法)で絵を描きます。ただ風景をスケッチするというより、山に入ってかなり長い時間その場に滞在し、現場の風景と一体になって写し取ってくるという気迫が感じられます。

大学のアトリエで作品を制作する土田さん。(撮影:志鎌康平)

今回のクラウドファンディングでは、土田さんが普段制作している作品を購入するタイプのリターンと、福島、山形、宮城の限定で、実際に購入してくださった方の描いてほしい山を描くという双方向型のリターンがあります。東北の山は私たちにとって見慣れてしまっている部分もありますが、彼が描くことによって再発見できる東北の山々の魅力があることでしょう。
見慣れた日常に新たな視点を。新生活にアートを。遠く離れた家族に、故郷の山の絵をプレゼントしてみるのも素敵かもしれません。彼を応援しながら、日常にアートをインストールする経験をしてみてはいかがでしょうか。

「あなたの日常の出来事や思いをアート作品に。」(CAMPFIRE)

> 美術科・日本画コースの詳細へ

カテゴリー