西村宜起映像学科教授の3D-CG作品『Shapes of Facts』がチェコのドキュメンタリー映画祭で上映されました。

> 映像学科の詳細へ

5万人の街に5万人が世界中から集まるという中東ヨーロッパで最大のドキュメンタリー映画祭「Ji.hlava International Documentary Film Festival」(イフラバ、チェコ )で、西村宜起映像学科教授の作品『Shapes of Facts』が上映されました。

不自然にねじまがった大量の新聞でつくられた幽霊のような景色を3D-CGで制作し、現代メディアが日々発信する情報の不確かさと、その情報の受け取り手である私たちが日々「事実」と認識しているものの不確かさを、批判的に比喩している作品です。

Ji.hlava International Documentary Film Festival

会期:2019年10月24日(木)~29日(火)
作品名: Shapes of Facts
映画祭の詳細はこちら
作品の詳細はこちらFascinations 部門 (Experimental Film部門)

> 映像学科の詳細へ

カテゴリー