令和元年度 山形県博物館連絡協議会研修会を11/15に開催

> 文化財保存修復学科の詳細へ

山形県博物館連絡協議会が11月15日に開催する「令和元年度 山形県博物館連絡協議会研修会」に、本学教員が多数登壇いたします。本研修会は、本学文化財保存修復センターと山形市教育委員会が共催しています。

研修会当日は、中山ダイスケ(本学学長)より、これからの博物館・美術館を核としたコミュニティ形成等について本学が特徴とする街づくり・人づくりの強みを基に「これからの博物館・美術館」における課題と解決のヒントを得られるよう講演いたします。

またパネルディスカッションでは、「地域防災と博物館・美術館」をテーマに、被災資料を取り扱う専門家の米村祥央(本学文化財保存修復学科長/准教授)が登壇し、討議します。

さらには、山形県下で行われたアート展示に実際に取り組んだアーティスト・キュレーター三瀬夏之助(日本画家/本学美術科教授)および宮本晶朗(株式会社文化財マネージメント代表取締役/本学大学院文化財保存修復領域修了生)が登壇。参加者とともに実体験を交えながら博物資料の価値への再評価等について議論します。

令和元年度 山形県博物館連絡協議会研修会

期日:2019年11月15日(金)
時間:10:30~16:00/受付10:00~
会場:東北芸術工科大学(山形市上桜田3-4-5)
主催:山形県博物館連絡協議会
共催:山形市教育委員会、東北芸術工科大学文化財保存修復センター

プログラム・スケジュール詳細プログラム・スケジュール詳細
※本研修会は博物館・美術館関係者の研修となりますため、一般の方は参加いただくことができません。

 

10:30~10:40
主催者挨拶:山形県博物館連絡協議会
歓迎挨拶:山形市教育委員会

10:40~11:50
講演「これからの博物館・美術館」東北芸術工科大学学長 中山 ダイスケ 氏

11:50~12:50
昼食休憩

13:00~14:00
プログラム1「地域防災と博物館・美術館」
地域防災をレクチャーする専門家(細谷氏)、被災資料を取り扱った専門家(米村氏) 及び参加者がパネルディスカッションの構成メンバーとなり、地域防災の視点から博物館等の役割について議論。

14:10~15:10
プログラム2「文脈で輝く博物資料―価値の再発見―」
山形県下で行われたアート展示に実際に取り組んだアーティスト・キュレーター(三瀬氏、宮本氏)及び 参加者がパネルディスカッションの構成メンバーとなり、実体験を交えながら博物資料の価値への再評価等について議論。

15:20~15:50
実演状況の見学(学生の授業など)

15:50~16:00
東北芸術工科大学にて閉会行事

16:00
解散

 

山形県博物館連絡協議会研修会関係者プロフィール

◎中山ダイスケ(なかやま だいすけ)
1968 香川県生まれ
1997 ロックフェラー財団の招待により渡米、2002年まで5年間、NYをベースに活動
1998 第一回岡本太郎記念現代芸術大賞準大賞
アーティスト、アートディレクター。アート分野ではコミュニケーションを主題に多様なインスタレーション作品を発表。1997年よりロックフェラー財団、文化庁などの奨学生として6年間、NYを拠点に活動。1998 年第一回岡本太郎記念現代芸術大賞準大賞など受賞多数。1998年台北、2000 年光州、リヨン(フランス)ビエンナーレの日本代表。デザイン分野では、舞台美術、ファッションショー、店舗や空間、商品や地域のプロジェクトデザイン、コンセプト提案などを手がける。2007年より本学グラフィックデザイン学科教授、デザイン工学部長を経て、2018 年より東北芸術工科大学学長に就任。

◎細谷 真紀子 氏(ほそや まきこ)
1977 山形県東根市生まれ
2014 防災士取得 防災・減災を広める活動開始
2016 建築士・保育士の知識を活かし、災害弱者・女性・子供達の視点に立ち、減災を伝えつなぐ『減災Days』起業。現在、山形市在住(東北芸術工科大学監修 ecohouse-H(山形エコハウス・県事業)プロトタイプに暮らす)。減災Days主宰/防災・減災ファシリテーター。日本防災士会正会員・山形県防止士会理事・山形県自主防災アドバイザー。山形市消防本部応急手当普及員・山形県救急業務検証委員

◎米村 祥央 氏(よねむら さちお)
1971 千葉県生まれ
1998 東京農工大学大学院工学部 修了
1999 東京藝術大学大学院文化財保存修復専攻 保存科学 修了
2000~2003 財団法人元興寺文化財研究所
現在 東北芸術工科大学 芸術学部 文化財保存修復学科長 准教授

◎三瀬 夏之介 氏(みせ なつのすけ)
1973 奈良県生まれ
1997 京都市立芸術大学美術学部美術科日本画専攻 卒業
1999 京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻 修了
2018 山形ビエンナーレ2018「山のような100ものがたり」キュレーター
現在 東北芸術工科大学 芸術学部長 美術科教授

◎宮本 晶朗 氏(みやもと あきら)
1976 東京都生まれ
2006 東北芸術工科大学 芸術学部 美術史・文化財保存修復学科 卒業
2008 東北芸術工科大学 大学院修士課程 保存修復領域(立体作品) 修了。
2008~2014 白鷹町文化交流センター 学芸員
2016 株式会社文化財マネージメント起業
2018 山形ビエンナーレ2018「山のような100ものがたり」・キュレーター
現在 株式会社文化財マネージメント・代表取締役

> 文化財保存修復学科の詳細へ

カテゴリー