〈山カップ2019〉参加チーム募集中! トラフ建築設計事務所 × akaoni

東北芸術工科大学では、2019年11月16日(土)に「山カップ2019~路地裏オリンピック~」を山形市旅篭町guraで開催します。

 

2020年のオリンピックに向けて盛り上がる大都市から遠く離れて、山に囲まれた静かな街で開催される〈山カップ〉。ポカンと開いた路地奥の空き地にみんなが集い、祭りのような、踊りのような、クスっと笑ってしまう新スポーツが楽しめます。アーティストと市民の協働プロジェクト〈街とアートのマルチプレイ*〉から生まれた、大人と子どもも一緒にプレイできる、「山形ならでは」の3種目。

さあ あなたも、家族や友達とエントリーしてください。
これはスポーツ×デザインで、日常の風景をちょっとだけ変えてみる、
街づくりの社会実験です。

*2019年度 文化庁 大学における文化芸術推進事業
〈街とアートのマルチプレイ〉
文化庁と福武財団の助成により東北芸術工科大学が取り組む「街とアートのマルチプレイ」では、山形市中心市街地を対象地に、都市の空洞化や人口流出などの地域課題の解決につながるクリエイティブなアクションを企画・実行できる人材の育成に取り組んでいます。このイベントは、〈新しいローカル競技をデザインする〉をテーマに、トラフ建築設計事務所によるスポーツイベントをつくる企画会議の成果を発表するものです。

山カップ2019~路地裏オリンピック~

開催概要

日時:2019年11月16日(土)10:00~17:00
会場:gura(山形市旅篭町2丁目1-41)
対象:小学生以上/1チーム5~7名 *大人も子どもも一緒に楽しみましょう。
参加費:1人/1,000円 *昼食代として
申し込み:事前エントリー制/先着9チーム

大会デザイン:トラフ建築設計事務所 + akaoni
主催:東北芸術工科大学

競技種目
山カップオリジナル競技/3競技すべてを行うチーム対抗戦です。

“ハットサル” 山が動く!? 頭の上にちょこんとのせた〈山〉の帽子を落とさぬよう、そろそろとボールをつなぐバランスサッカーのおもしろ風景。

“花笠テニス” 山形の人ならみんな踊れる花笠踊りとミニテニスが合体。「ヤッショー!」「マカショッ!」の掛け声とともにカラフルに盛り上がりしょう。

“山形ピンポン” ふつうの卓球台を分解して、あれこれ組み合わせてみたら…「山の形」のコートが誕生。山を越え、谷を渡るピンポンとは!?

エントリー方法

●1チーム:5~7人
●対象年齢:小学生以上 *大人も子どもも一緒に楽しみましょう。
●参加費:1人/1,000円 *昼食代として

チームの代表者が、メールかFAXにてエントリーください。件名を「山カップ参加希望」とし、【代表者のお名前、年齢、ご住所、電話番号、メールアドレス、チーム名、チームメンバーの名前】を下記までお送りください。

〈エントリー事務局〉
東北芸術工科大学 地域連携推進課(伊藤・加藤)
TEL:023-627-2091 FAX:023-627-2081
E-mail:museum@aga.tuad.ac.jp
エントリー締切:2019年11月13日(水)まで

*当日のプログラム、服装・雨天時の対応等の詳細については、お申込みいただいたチームの代表者に直接ご連絡します。なお、ご提供いただいた個人情報は本件の事務手続き以外に使用いたしません。
*エントリー後3日以内に受付完了の返事がない場合は、再度お問い合わせをお願いします。

大会デザイナー

トラフ建築設計事務所/TORAFU ARCHITECTS
鈴野浩一と禿真哉により2004年に設立。建築の設計をはじめ、インテリア、展覧会の会場構成、プロダクトデザイン、空間インスタレーションやムービー制作への参加など多岐に渡り、建築的な思考をベースに取り組んでいる。2016年に作品集『トラフ建築設計事務所 インサイド・アウト』(TOTO出版)を刊行。
http://torafu.com/

 


アカオニ/akaoni
2004年設立の山形県に拠点を置くクリエイティブチーム。地域に根ざす〈自然、暮らし、食、技術〉などの魅力をデザインを通して表現。メンバーは代表でデザイナーの小板橋基希をはじめ、WEBデザイナーの後藤ノブや、コピーライターの空豆みきおなど。グラフィックデザインなどの紙媒体から、ウェブサイト制作まで、地域企業や団体のブランディングにもたずさわっている。
http://akaoni.org/

山カップ企画メンバー

鈴野浩一、禿真哉、小板橋基希、佐藤祐吾、石垣勇磨、市道野愛、上野理絵、江沼美佑紀、大友遥名、児玉佳奈美、佐藤亨、篠原朋香、庄司桃子、關越河、増山ゆい、松川遥菜、宮田瞳
(街とアートのマルチプレイ:〈新しいローカル競技〉をデザインする プロジェクトチーム)

主催:東北芸術工科大学  協力:gura
プログラムディレクション:宮本武典
(本学美術館大学センタープログラムディレクター/角川文化振興財団クリエイティブディレクター)
助成:2019年度 文化庁 大学における文化芸術推進事業
福武財団 2019年度アートによる地域振興助成


2019年7月6日-7日にトラフ建築設計事務所を講師に、市民参加型ワークショップを開催。既存のスポーツのルールを少しずつ変えながら新しいローカル競技を考案した。



「みちのおくの芸術祭り 山形ビエンナーレ2014」で文翔館正面広場に出現した、トラフ建築設計事務所「WORLD CUP」。休日は親子連れ、平日は下校中の高校生で賑わった。このサッカーコートも市民参加型のワークショップから生まれたもの。



お問い合わせ

東北芸術工科大学 地域連携推進課(伊藤・加藤)
TEL.023-627-2091/FAX.023-627-2081
E-mail:museum@aga.tuad.ac.jp

カテゴリー