グラフィック・赤沼ゼミが消費者教育のための啓発リーフレットをデザイン

山形県消費生活センターからの依頼を受け、本学・グラフィックデザイン学科の赤沼明男(あかぬま・あきお)准教授のゼミがデザインを担当した、自立した消費者教育のための「啓発リーフレット」がこのほど完成しました。

昨年6月の通常国会で、成年年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる改正民法が成立し、2022年4月に施工される予定です。これを受け、関係省庁はじめ各自治体では、実践的な消費者教育を推進していきます。本プログラムはその一環として製作されたものです。

今後このパンフレットは、本学をはじめとする県内の各大学の学園祭などで配布され、啓発活動が行われます。

学生が取り組んだ成果物として知っていただきたいのはもちろん、学生のみなさんにはぜひこの機会に手に取ってもらい、知識を身に付けて、消費者被害を未然に防いでもらえたらと思います。

カテゴリー