本学学生が「最上川。ここからはじまる山形」展で最優秀賞、優秀賞を受賞

山形美術館で10月2日より開かれている「最上川。ここからはじまる山形」展(山形新聞・山形放送、渋谷建設株式会社による実行委員会が主催)に、本学学生が最上川をテーマにした日本画・洋画の作品を出品しています。

本日10月2日に山形美術館で開催された本展開会式の様子

本展は、本県のみを流域とする母なる川「最上川」をテーマに、絵画の展示やインスタレーションを行う「絵画コンペティション・企画展」と、山形県ゆかりの画家が描いた作品および最上川をモチーフとして新聞紙面を飾った作品を展示する「渋谷建設所蔵作品展・新聞広告原画展」との二部構成となっており、絵画コンペティション部門では、版画コース1年の鈴木未理さんの木版画による作品「最上川」が最優秀賞を受賞しました。また、洋画コース2年の添田賢刀さんによる油彩画「だけど( )からは逃れられない。だってそれはこの頭の中にあるんですから。」、洋画コース1年の外川望実さんによる油彩画「Azure」がそれぞれ優秀賞を受賞しました。

受賞作品

「最上川」 版画コース1年 鈴木未理さん
「Azure」 洋画コース1年 外川望実さん
「だけど( )からは逃れられない。だってそれはこの頭の中にあるんですから。」 洋画コース2年 添田賢刀さん
カテゴリー