テキスタイルコースが店舗外壁の紅花染めワークショップを9/15(日)に開催

> 美術科・テキスタイルコースの詳細へ

美術科・テキスタイルコースでは、山形県花でもある「紅花」の新たな魅力と可能性を探るアイデアの種蒔き=「紅花シーディング Benibana Seeding」を毎年さまざまな形で行っています。

今年はその第一弾として、とんがりビル1Fに新たにオープンするショップ&カフェ「この山道を行きし人あり」の杉材でできたファザードに、山形県産の紅花顔料を塗布する活動を行います。紫外線耐性の低い紅花の退色・経年変化を楽しもうというものです。

紅花は耐光性が低く、紫外線にあたるとすぐに退色してしまう繊細な染料であり、染めた布の色が褪せ、本来の色を失うことはタブーとされてきた。しかし、日本という風土の、特にこの山形の季節によって様々に変化し続ける自然の色使いを目にし、育まれた感覚の中で、〈色の変化=退色〉を〈変化によって生まれ出る色をも楽しむ=色を育てる豊かさ〉という見方もできるのではないだろうか。街中にいるとつい忘れがちになる、そんな自然の移ろいを、悽いからこその美しさとして感じてほしい。鮮やかな色合いは失われても、新たに育った紅花の色が必ずそこにはあるはずだ。  美術科・テキスタイルコース講師 柳田哲雄

今回、一般の方は作業にご参加いただけませんが、作業の様子はご見学いただけます。無垢の杉材が紅花のピンク色に変わる過程をぜひご覧ください。また、作業完了後は、外壁の色の変化をいつでもご覧いただけますので、ぜひ足をお運びください。ショップ&カフェ「この山道を行きし人あり」は9月21日(土)オープンです。

建物外壁木材の紅花染めワークショップ

日時:2019年9月15日(日)11:00〜
場所:とんがりビル1F店舗「この山道を行きし人あり」(山形市七日町2-7-23)
内容:店舗の外壁木材に山形県産の紅花顔料を塗布します。

本件に関するお問い合わせ

東北芸術工科大学 美術科・テキスタイルコース
TEL:023-627-2207(テキスタイル準備室 担当:渡邊)

> 美術科・テキスタイルコースの詳細へ

カテゴリー