卒業生・大場智博さんが共著した書籍「デザインブレインマッピング」が発刊

生産デザイン学科(現・プロダクトデザイン学科)の卒業生、大場智博(おおば・ともひろ)さんが共著者として関わった書籍「デザインブレインマッピング」発刊のお知らせ。

デザイン思考、経営工学を学び、実際に行動するための実践書。換言すると、読者やその上司が新企画提案で不安に思う未来の不確実性に能動的に向き合ってもらうために、エンジニアとデザイナーが連携して作った、デザイン思考アクションをチームで起こすための書籍。属人性に依存するスキルではなくチーム全体の力を底上げするメソッド、及び、すべての人にクリエイティブ能力を発揮させる仕組みを提案。主な対象は、中堅企業や大企業で、製品・サービスの企画・開発に従事するビジネスマンや技術者、彼らをフォローする補助者等。デザインブレインマッピングの手法と道具により、技術起点と顧客起点、上流チームと下流チーム、デザイナーと工学屋等、従来分断気味であった双方の共創を促す環境の構築を目指す。  (honto 商品説明より引用)

本書は、産業技術総合研究所 総括研究主幹の手塚 明氏を中心に執筆した内容に、大場さんが共著者として関わったもので、デザイン思考を実践するクリエイティブなチーム作りについてまとめたものです。ぜひお買い求めください。

> Amazon商品ページ

カテゴリー