日本画・金子朋樹講師が日本画展「metamorphosis」を9/4(水)から開催します

>美術科・日本画コースの詳細へ

金子 朋樹日本画コース講師、小金沢 智 非常勤講師、大学院修了生の佐藤 裕一郎さんが所属する作家グループ「ガロン」の作品展「metamorphosis(メタモルフォーシス)」を本学内で開催します。

本展は、日本画表現をベースに活動を続ける「ガロン」が、日本画という文化芸術の蓄積を現代の視点で捉え直し、新しい芸術の創出を目標とするものです。通常、会期中の展示替えは行いませんが、本展では、作品の変化を検証するために展示替えを行い、絵画が設置される「空間」と「建築」との関係性を考察します。

前期「第1部 Metamorphosis Ⅰ」の壁面展示では、グループメンバーが学生時代に制作した作品から現在に至るまでの主題や制作方法の変遷を伝え、後期「第2部 Metamorphosis Ⅱ」では、壁面展示していた展示作品を立体空間へ移動させ、それらの作品が2つの異なる展示空間で変容していく様子を伝えます。展示作品の多角的な魅力をご覧いただける珍しい展覧会となりますので、ぜひご観覧ください。

ガロン第3回展
前期 第1部 Metamorphosis Ⅰ 「時間」

会期:2019年9月4日(水)~20日(金)
開館時間:9:00~17:00
会場:本館7階ギャラリー THE TOP/本館1階ギャラリー THE WALL(山形市上桜田3-4-5)
休館日:土日祝

ガロン第3回展
後期 第2部 Metamorphosis Ⅱ 「空間」

会期:2019年9月23日(月)~10月9日(水)
開館時間:9:00~17:00
会場:本館7階ギャラリー THE TOP/本館1階ギャラリー THE WALL(山形市上桜田3-4-5)
休館日:土日祝(9/28、10/5は特別開館)
トークイベント:10月5日(土)14:00~

主催:ガロン実行委員会
協力:東北芸術工科大学 東北芸術工科大学美術科日本画コース

「metamorphosis」(メタモルフォーシス)とは

世界数百万種以上と言われる多様な昆虫が、“変態”と“擬態”の2つの「変容」を通して姿・形を大きく変容する総称「metamorphosis」(メタモルフォーシス)から引用。

「ガロン」とは

「日本の伝統的絵画を出自としている私たちに提示出来るものは何か」という思いから、2007年12月に結成した6名の作家グループ。日本の伝統的絵画の文脈を通じて得られたものを、私たちの世代が歩んできた時代背景を通して表現・発表し、昇華することを目的としている。2010年6月に、寛文10年(1670年)に創建された東京都港区白金台三丁目にある禅宗寺院「瑞聖寺(ずいしょうじ)」寺院内にて「ガロン第1回展」、2012年2月に埼玉県川口市所在の旧田中家住宅(国登録有形文化財)にて「ガロン第2回展 『日本背景』」を開催。

出品者プロフィール

市川 裕司 ICHIKAWA Yuji
1979年、埼玉県生まれ。2005年、多摩美術大学大学院日本画領域修了。2012年より一年間、五島記念文化財団海外研修員としてドイツ・デュッセルドルフに滞在する。現在は慶應義塾横浜初等部の教諭として指導を行う。主な展覧会に「New Vision Saitama 4『静観するイメージ』」埼玉県立近代美術館(2011)、「世界樹」spiral/コバヤシ画廊(2014)など。

《VISIBLE PARTⅠ》2019年/前期・後期展⽰

大浦 雅臣 OURA Masaomi
1977年、東京都生まれ。2005年、武蔵野美術大学大学院日本画修了。個展を中心に活動。近年は、ギャラリー和田(2019)、たましんギャラリー(2018)。2018年、紫雲山瑞聖寺へ作品奉納。平野美術館・瑞聖寺・ベネトン財団に作品収蔵。

《Nikkei225 index of 1970-1989》2018年/前期展示

金子 朋樹 KANEKO Tomoki
1976年、静岡県生まれ。2006年、東京藝術大学大学院博士後期課程日本画研究領域修了。現在、東北芸術工科大学美術科日本画コース教員、チュートリアル「みちのく現場考」主宰。主な展覧会に「山形ビエンナーレ」(2016、2018)、「帝京大学所蔵絵画展」帝京大学総合博物館(2017)。個展に「パントノミー」佐野美術館 さんしんギャラリー善(2019)。

《Axis/世界軸 ─万象は何を⽀軸に⾃転し、そして公転するのか─》2010年/前期展⽰

佐藤 裕一郎 SATO Yuichiro
1979年、山形県生まれ。2005年、東北芸術工科大学大学院芸術文化専攻日本画領域修了。文化庁新進芸術家海外研修を機に2017年より制作の本拠をフィンランドに置く。主な個展に「YUICHIRO SATO JAPANESE PAINTING」tm・gallery ヘルシンキ (2018)、「The Forest」ユヴァスキュラ美術館 (2019) など。

《Koivumaisema》2018年 撮影:島村美紀/前期展⽰

西川 芳孝 NISHIKAWA Yoshitaka
1979年、東京都生まれ。2005年、多摩美術大学大学院日本画領域修了。主な展覧会に「損保ジャパン選抜奨励展」東郷青児美術館(2008)、「現代水墨作家展」国立新美術館(2011)、「菅楯彦大賞展」倉吉市博物館他(2012)、「現代水墨画の旗手たち展」頼山陽史跡資料館(2016)、「吾輩の猫展」佐藤美術館(2017)、「人人展」東京都美術館(2013~毎年出品)。

《⿃》2010年/前期展⽰

小金沢 智 KOGANEZAWA Satoshi
1982年、群馬県生まれ。世田谷美術館を経て、太田市美術館・図書館学芸員。超・日本画ゼミ(美学校)講師。専門は日本近現代美術史。主な企画展に「開館記念展『未来への狼火』」(2017)、「開館1周年記念展 佐久市立近代美術館コレクション+『現代日本画へようこそ』」(2018)、本と美術の展覧会vol.3「佐藤直樹展:紙面・壁画・循環」(2019)など。

>美術科・日本画コースの詳細へ

カテゴリー