吉田卓哉准教授が8/1(木)より個展を開催

受け継がれていくものの美しさ

東北芸術工科大学教職課程担当教員5年目の節目としての展覧会として開催します。公立高校に勤務していた頃から通算すると教職23年目になりますが、この間休まず絵画制作発表を続けてきました。その中から大学院修士課程在学時の作品を一部含めた45点余をセレクトして展示します。

自身の作品群を俯瞰すると、技法やモチーフの変遷はあるにせよ、概ね描きたいものは一貫していることに気づきます。それは「時間をかけてゆっくりと変容していくものや、過去から現在、そして未来にかけて変わらずに大事に受け継がれていくものの美しさ」です。

美術を通じた教育活動に興味・関心があり、教職課程を履修している大学生の皆さんに見てほしいという思いから一念発起し企画した試みですが、大学内外を問わず広く一般の方々にもご高覧いただけると幸いに存じます。  ——吉田卓哉

吉田卓哉展 YOSHIDA:Takuya Exhibition

会場:東北芸術工科大学 本館7階ギャラリーTHE TOP(山形市上桜田3丁目4-5)
会期:2019年8月1日(木)~9日(金)[日曜日休館]
時間:平日10:00~19:00 / 土曜10:00~17:00
ギャラリートーク:8月3日(土)14:00~
入場無料

カテゴリー