蔵王温泉大露天風呂特別開放企画ボランティアでJR東日本より感謝状をいただきました

>企画構想学科の詳細はこちら

企画構想学科では、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)とやまがた観光キャンペーン推進協議会、及び本学(担当教諭:同学科准教授 本吉裕之)が連携し、2019年3月22日~24日に、「蔵王温泉大露天風呂特別開放」を企画・実施したことから、この度、JR東日本仙台支社より感謝状を学生有志に贈呈したいという申し出があり、7月9日に、東日本旅客鉄道株式会社様より感謝状をいただきました。

本企画は、JR東日本の特別企画「行くぜ、東北。SPECIAL冬のごほうび」の事前準備として、3月19日〜20日に、本吉准教授が声をかけて集まった企画構想学科とグラフィックデザイン学科の学生たちがボランティアスタッフとして、雪で覆われた蔵王温泉大露天風呂の雪かき作業を行ったものです。

蔵王温泉大露天風呂は、11月から翌年3月末までの冬季閉鎖期間、脱衣所に外の雪や葉っぱが吹きこんでしまう状況にあります。露天風呂までの階段も1メートルを超える積雪に覆われていたため、学生たちは、雪かきや、脱衣所に吹き込んだ落ち葉の掃き出し、ロッカーのサビを落す作業などを行いました。


蔵王温泉大露天風呂は3月22日〜24日の3日間無料開放され、685人の方々が露天風呂に入浴。学生たちのボランティア活動が、蔵王温泉の交流人口増加の一役を担いました。

>企画構想学科の詳細はこちら

 

カテゴリー