デザイン工学部企画構想学科の教員募集【令和2年4月1日採用】

このたび、本学ではデザイン工学部企画構想学科の教員の公募を行います。
当学科は、現代社会が要請する問題解決能力、創造性、コミュニケーション力などのスキル(ATC21sより)醸成を標榜し、卒業時には社会に貢献する企画を立案実施できる企画者を育てることをポリシーとしています。また、「他学科との連携」「学生との距離の近さ」を圧倒的な強みとし、受け身教育ではない「プロジェクト実践教育」を徹底しています。そのため、教員は学生とのプロジェクトを企画運営し、実践的な力を身に付けさせることが求められます。大学の教育改革に対する熱い気持ちを持てる方を求めます。

1- 職位及び人数
教授、准教授または講師 1名

2- 所属
デザイン工学部企画構想学科

3- 担当分野
「マーケティング領域」

4- 職務内容
教育研究、大学運営、プロジェクト運営、学生募集、進路指導等

5- 担当予定科目
マーケティング・ブランディング、企画書制作、プレゼンテーションの領域に関する演習・実習科目及び講義科目、卒業制作・研究など(週6コマ以上) ※令和3年度より8コマ(予定)

6- 採用予定日
令和2年4月1日

7- 雇用形態
常勤

  • 任期最長4年。任期の途中で、任期満了後の再任(定年制への移行または任期付き再任)の審査を行う場合があります。
  • 本学の教育職員の定年は満65歳です。

8- 応募資格

  1. 大学建学の理念等 に共感し、理念実現に向けて高い意欲と情熱を持ち、積極的に行動できる方
  2. 企画構想学科の理念である「課題発見力と創造力で新しい価値を提案し、幸せをデザインする人材を育成する」という意図を理解し、そのことに貢献できる方
  3. 学士または修士、博士の学位を有するか、それと同等の業績を有する方
  4. 経営者または企業内の実務家として、マーケティング領域における優れた実績を有する方
  5. マーケティング・ブランディング、企画書制作、プレゼンテーションなどを指導することができる方
  6. 地域企業や自治体と連携してプロジェクトの実践に取り組むことができる方
  7. 教育に情熱を持ち、本学科を牽引する意欲と能力を持っている方
  8. 着任後、本学に通勤できる方(山形在住は問わない)

9- 提出書類

  1. 履歴書(doc形式)
  2. 研究業績リスト(xls形式)
    • 展覧会、著書、論文、報告書、口頭発表など、教育業績、実務に関する業績、その他に類してそれぞれ発表年月日順に記載したもの
    • 共著、分担執筆については、本人の担当部分を明記すること
  3. 業務実績リスト(xlsx形式)
    専門分野に関して実務として関わった案件の業績。実施年月日順に記載したもの。参考資料がある場合には、同封も可。
  4. すべて自分で作成した企画書1点
    以下のうち、どちらか1点を提出。いずれも10ページ以内に集約(表紙を含む)。書式は自由としますが、映像の使用は認められません。

    • 過去に作成した企画書
      テーマは自由。固有名詞や数値データなど、情報として出せない箇所がある場合は、「企業A」「商品B」などの表記に変更すること。本選考以外の目的で利用することはないが社外秘及び個人情報など取扱いに注意を要する企画書は受け付けない。
    • 新規に作成した企画書
      「山形セルリーの認知度向上と拡販」について、その課題と解決策をまとめたもの。
  5. 最終学校の卒業又は修了証明書
  6. 「就任後の教育と研究に対する抱負」(2,000字以内、書式自由)

10- 提出先
〒990-9530 山形市上桜田三丁目4番5号 東北芸術工科大学 総務課宛

  • 封筒の表面に「デザイン工学部企画構想学科教員応募書類在中」と朱書きし、簡易書留等授受が確認できる方法で提出してください。
  • 原則として上記提出書類は返却いたしません。ただし、提出書類の9-3.及び9-4.で同封の資料を返却希望の場合は、その旨と具体的な資料名を記し、返信用封筒及び宅配便伝票(着払い)を同封してください。

11- 提出期限
令和元年7月29日(月)必着

12- 選考方法

  1. 書類審査
  2. 一次面接
    ※詳細は、上記1.の選考通過者に対して別途お知らせいたします。
  3. 模擬授業・二次面接
    ※詳細は、上記2.の選考通過者に対して別途お知らせいたします。

13- 給与等の待遇について
本学規程に基づき支給

14- 問い合わせ先
東北芸術工科大学 総務課(担当:芳賀)
TEL:023-627-2000 E-mail:soumu@aga.tuad.ac.jp

カテゴリー