映像学科×Panasonic AMPを使用したCG作品を「アンテルーム京都」で展示上映しました

>映像学科詳細はこちらから
https://www.tuad.ac.jp/filmandmedia/

映像学科3年生が2018年度後期「CG演習」で制作した3作品が、「アンテルーム京都」のポップアップ企画展で、5/16-31に展示上映されました。
本企画は、映像学科の西村宜起教授がPanasonic 事業開発センターからの依頼を受けて実現したプロジェクトで、panasonicが開発したAMP(アンビエント・メディア・プレイヤー)を使っての展示上映で、既存の枠にとらわれない作品の制作・開発を目標に取り組みました。


石田 竣平(現在映像学科4年) 「水たま  り」


松崎 里香(現在映像学科4年)「Neighbor」


涌井 菜花(現在映像学科4年) 「無題」

>ホテルの詳細:https://hotel-anteroom.com/

>映像学科詳細はこちらから
https://www.tuad.ac.jp/filmandmedia/

カテゴリー