第13回灯籠絵展示「ひじおりの灯2019」7/21~肘折温泉にて開催

山形県最上郡大蔵村、肘折温泉。
人びとの暮らしをあたためる湯が脈々と湧き出る山間の湯治場に、13年目の「ひじおりの灯」が灯ります。

肘折温泉開湯1,200年の夏にはじまった灯籠絵展示会「ひじおりの灯」。今夏も東北芸術工科大学の大学院生・卒業生を中心とした9名の若手作家が温泉街で逗留制作を行い、湯治場の暮らしの情景や雄大な自然、古くから語り継がれてきた民話や信仰などの物語を八角の灯籠に仕立てました。作家それぞれのまなざしが絵巻のようにぐるりと広がる灯籠絵は、湯治場の夜とこの土地の物語をいきいきと映し出し、私たちをイメージの向こう側へと誘ってくれます。
湯治場と絵画のコラボレーション。どうぞゆっくりとお楽しみください。

◎第13回 灯籠絵展示会「ひじおりの灯2019」
会期:2019年7月26日(金)〜9月16日(月・祝)
会場:山形県最上郡大蔵村 肘折温泉
※新作灯籠9基の展示は8月10日から 湯治部屋での展示は8月10日~25日

新作出品=桶本理麗、草彅裕、渋谷七奈、田中望、中須賀愛美、福田美里、古田和子、増子博子、田勝信(五十音順)
灯籠制作=竹内昌義(設計)、柿崎建具店(組子)、斎藤高子(表装)、下山普行(金物)、三浦一之(紙漉き)、TIMBER COURT(什器)
企画サポート=鈴木淑子(ひじおり編集部)
主催:ひじおりの灯実行委員会/共催:大蔵村、肘折地区/協力:東北芸術工科大学

-ARTIST TALK『肘折絵語り・夜語り』
2019年8月17日(土)19:30~21:00 肘折温泉街(旧肘折郵便局舎前ご集合) 
新作灯籠の制作者によるトークイベント。灯籠制作者の解説を聞きながら灯籠鑑賞をお楽しみください。

-宿泊のご案内
肘折温泉に宿泊希望の方は、下記webサイト「肘折温泉郷」をご利用ください。
>「肘折温泉郷」へ

-お問い合わせ
ひじおりの灯実行委員会(担当:早坂様)
TEL:090-2076-5698 E-mail:hijiorinohi@hijiori.jp
肘折温泉観光案内所 TEL:0233-76-2211

-関連リンク

カテゴリー