グラフィックデザイン学科卒業生の水戸部春菜さんがgalleryNで個展「drawing622」を6/22より開催。

グラフィックデザイン学科の詳細はこちらから
https://www.tuad.ac.jp/graphicdesign/

グラフィックデザイン学科卒業生の水戸部春菜さんが個展を開催します。「状態の記録」をテーマとして絵画の制作を行っている水戸部さん。今展覧会では「客体のあり様」をテーマとした表現の真骨頂をご覧いただければと思います。

個展名:水戸部春菜「drawing622」
会期:2019年6月22日(土)~7月7日(日)
会場: galleryN(名古屋市千種区鏡池通3-5-1/tel 052-781-0081)
時間:13:00~20:00 (初日は18:00~/最終日19:00まで)
アーティストトーク:6月22日(土)19:00~
休廊:水、木
>ギャラリー詳細:www.f-g-n.jp

水戸部春菜 MitobeHaruna 略歴
1995 神奈川県生まれ
2018 東北芸術工科大学デザイン工学部グラフィックデザイン学科卒業
2018 「東北芸術工科大学卒業制作展」 柿田嘉則賞 山形県
2018 「アートアワードトーキョー丸の内」東京都 行幸地下ギャラリー
2018 「HARAIZUMI ART DAYS」静岡県 原泉地区全域
2018 「シブヤスタイル vol12」 東京都 西武渋谷店
2019 「New star Art Collection」愛知県 松嶋屋名古屋店
2019 「Art Wonderland Yokohama」神奈川県 そごう横浜店
2019 「nine colorsⅩⅢ」東京都 西武渋谷店
>詳細HP:https://mitobeharuna.amebaownd.com

客体の「形態」を描いてたとしても、本質に近付くことは叶わない。
客体の「状態」を描いてこそ、その本質へと迫ることが出来る。

グラフィックデザイン学科の詳細はこちらから
https://www.tuad.ac.jp/graphicdesign/

カテゴリー