グラフィックデザイン学科 原高史教授が「ワダファインアーツ」で5/17より個展を開催します。

>グラフィックデザイン学科の詳細へ


グラフィックデザイン学科原高史教授が、ワダファインアーツで5/17より個展を開催します。本展は、「ワダファインアーツ|Y++」(銀座)の創立30年を記念する展覧会となります。是非ご高覧下さい。

◎作家紹介

ワダファインアーツでは、原高史個展を開催いたします。原高史は1968年東京に生まれ、多摩美術大学大学院を卒業後、インスタレーションを中心に作家活動を始め、2000年前後から、観客参加型のイベントを新潟で始めました。その後、シンガポールビエンナーレで広く知られる様になったピンクウィンドウプロジェクトは、絵画作品を大規模な建築物などの窓にはりつけ、ビジュアル的なインパクトが強く、世界各地のビエンナーレに招待される事となりました。彼はこうしたプロジェクトでは多数のスタッフや参加者を取りまとめるコンダクターとしての役割を担う事になります。又、その傍らで、原は個人的な芸術表現を絵画制作の中で行ってきました。対極に位置するこれらの表現方法は原の創作活動を豊かにし、独特な芸術表現を生み出す上で大きな意味がありました。しかしながら、近年4年間、原は絵画から離れ、ひたすらプロジェクトに打ち込んでいた時期となりました。長い作家人生の中でその様な時期はおそらく今までなかったはずです。おそらく何かを打ち破る力の充電期間だったのだと思います。この発表が、令和が幕開けた2019年5月に開催できた事も節目となる展覧会として、印象深いものになると思います。
又、原高史とかれこれ20年近い年月タッグを組んできたワダファインアーツも、この年に発祥の地に移転し、この展覧会で幕をあける事も、感慨深い成り行きだったと感じます。

原高史展、どうか、皆様の心に新鮮な空気が届く様な、そんな展覧会となる事を心から願っています。

◎原高史「少女が立ち止まる時に」
会期:2019年5月17日(金)~6月8(土)
時間:12:00-19:00
閉館: 日・月・祭日
会場:ワダファインアーツ|Y++
住所:東京都中央区銀座8-8-19伊勢由ビル2階 (旧住所 東京都築地3-2-5 1F)
TEL: 090-6526-9543 (代表 和田友美恵)
>詳細:http://wadafinearts.com/jp/

>グラフィックデザイン学科の詳細へ

カテゴリー