グラフィック3・4年生演習作品展を5/17(金)より開催

> グラフィックデザイン学科の詳細へ

グラフィックデザイン学科では、日々のコミュニケーションを大切にし、日常からデザインのヒントを得て、グラフィックデザインを「考え」「感じ」「伝える」ことを学んでいます。その学びの段階で、地域や社会にある様々な問題について取り組んだ演習の成果として、ポスターやイラストレーション、エデュトリアル、広告、立体作品など、選りすぐりの作品約200点を、テーマに沿って展示いたします。

また本展ポスターは、4学年の重なりというテーマを表現するモチーフとして方眼紙を用いています。方眼紙は、ものづくりの過程に使用・存在するもので、学びの途中である私たちを表現しました。平面的なグラフィック表現だけではない、若い感性ならではの様々な視点、チャレンジを盛り込んだ作品の数々を是非ご覧ください。

展覧会名:GRAPHIC PRESENTATION 2019(グラフィックデザイン学科3・4年生企画展)
会期:2019年5月17日(金)~ 25日(土)
時間:9:00~19:00(土曜のみ 9:00~17:00)
休館:5月19日(日)
会場:東北芸術工科大学本館7階ギャラリー「THE TOP」
住所:山形市上桜田3-4-5
入場料:無料
その他:会期中は、学生が展示会場に常駐しています。
最終日の25日は本学春のオープンキャンパス開催中です。

> グラフィックデザイン学科の詳細へ

カテゴリー