寒河江市美術館「PERSONA-鬼海弘雄写真展」で渡部泰山教授が講演します

寒河江市美術館で開催される「PERSONA-鬼海弘雄写真展」を記念して、本学基盤教育センター渡部泰山教授が「写真家・鬼海弘雄のまなざしの先に見えるもの」と題し、講演致します。
本展は、土門拳賞を受賞し、フランスや中国など世界的に活躍している寒河江市日和田出身の写真家 鬼海弘雄氏の写真展で、鬼海氏の代表作、40年以上浅草を通る人物を撮り続けているポートレイト写真「PERSONA」の中から45点を展示するものです。この機会に展覧会と合わせてぜひご聴講ください。

展覧会名:「PERSONA-鬼海弘雄写真展」
会期:2019年4月27日(土)~6月30日(日)  
時間:10:00~19:00
入場料:無料
休館日:毎月第2・4水曜日 (5月8日、5月22日、6月12日、6月26日)

トーク概要
日時:2019年4月27日(土)13:00~14:30
会場:寒河江市美術館フローラ3階(寒河江市本町2丁目8番3号)

鬼海弘雄プロフィール
APA展特選、日本写真家協会新人賞を経て、1974年「伊奈信雄」賞、2004年「土門拳」賞など受賞。代表する写真集に『王たちの回廊』(みすず書房)、『東京夢譚』(草思社)、『東京ポートレート』(クレヴィス)、また著書に『眼と風の記憶』(岩波書店)がある。

> 本展の詳細はこちらからご覧ください。

カテゴリー