卒業生・元木孝美さんが個展「知覚する彫刻」を川越市立美術館で開催

> 美術科 彫刻コースの詳細へ

大学院彫刻領域修了生で現代美術家の元木孝美さんの作品展が、川越市立美術館で開かれています。

ある時、「モノ」によって空間の広さを把握していることに気づいた元木は、以来、空間との関わりを意識したインスタレーション性の強い作品を発表しています。軽やかな存在感が特徴の作品は、多くは造形の反復によって空間に「間」を与え、その印象に大きく作用します。
このたびは、タッチアートコーナーとエントランスに元木の「彫刻」作品を展示します。鑑賞者の動きによって空気が揺らぎ、作品が呼応することで空間に変化が生じる――元木の作品が当館の空間をどう知覚させるのかをお楽しみください。
(川越美術館HPより)

この機会にぜひ足をお運びください。

「元木孝美展-知覚する彫刻-」
2019年3月27日(水)~6月23日(日)
9:00~17:00(入館は16:30まで)
川越市立美術館にて(埼玉県川越市郭町2丁目30番地1)
> 川越市立美術館HP

期間中の4月21日(日)にはワークショップも開催します。
『広さはどのくらい? ドールハウスをつくろう』
2019年4月21日(日)13:30~16:00

> 美術科 彫刻コースの詳細へ

カテゴリー