金子研究室有志小品展「山月の會 -春耀花影-」3月2日(土)〜10日(日)東京九段耀画廊

背後にそびえる蔵王山、正面遠方に鎮座する出羽三山の一名峰月山、そして大学に対峙するかのように連なる朝日連峰を始め、四方を山々に囲まれた山形の学び舎、東北芸術工科大学。此処で学ぶ学生は、山形の豊かな自然風土の中で切磋琢磨して自己の表現を磨き、それぞれの精神を育みながら4年間を過ごします。

その山形の“山”と、月山の“月”を併せ、私たちが分かち合った地への想いを映した「山月の會」は、東北芸術工科大学美術科日本画コース金子ゼミ(研究室)の卒業生及び在籍生が集う会として発起しました。本展「山月の會-春耀花影-」は、20人超の卒業生及び在籍生からさらに有志で構成されています。

移ろう時季の自然、地域、風土…絵画の地平から見つめ続けてきた東北の姿は、私たちの同時代性と相まみえながら、様々な事象となって画面に立ち現れてきます。東北の地から始まった表現への想いを、可能ならば絵に託し続けてほしいと願いつつ、描かれた絵を通し、新たな出会い、そして交流が生まれれば幸いです。

「山月の會 -春耀花影-」東北芸術工科大学 金子研究室有志小品展
出品者/大内玲奈、菅野耕平、井澤真緒、加藤 光、小林さくら、琢磨香織、中嶋春
香、野田苑恵、小幡 歩、廣田百羽、金子朋樹(教員)
会期:2019年3月2日(土)〜10日(日)
時間:12:00~19:00 (最終日17:00)※会期中無休
会場:東京九段耀画廊
住所:〒102-0075 東京都千代田区三番町7-1-105 朝日三番町プラザ1F 東京九段耀画廊

カテゴリー