修了生の松崎綾子さんの個展「木をみて森をおもう」3月7日(木)〜あゆーむ

大学院日本画領域修了生の松崎綾子さんの個展「木をみて森をおもう」が2つの会場で開催されます。あゆーむの会場では、松崎さんが長井市のまちおこし協力隊として着任し移り住んでからの作品を、Kosyauでは過去作品を中心に展示が行われます。また、3月9日には、森美術館 アソシエイトキュレーターの徳山拓一氏、東京国立近代美術館研究員の桝田倫広氏、美術科日本画コースの三瀬夏之介教授をゲストに迎え、「地方で絵を描く」をテーマに、あゆーむでトークイベントが開催されます。この機会にぜひ足をお運びください。

松崎綾子 個展「木をみて森をおもう」
会期:2019年3月7日(木)〜24日(日)
時間:9:00〜17:00
会場:白鷹町文化交流センターあゆーむ
住所:山形県西置賜郡白鷹町鮎貝7331
主催:白鷹町文化交流センターあゆーむ
 
会期:2019年3月15日(金)〜17日(日)、22(金)〜24日(日)
時間:11:00〜16:00
会場:旧芳文社工場 Kosyau
住所:山形県長井市十日町1−9−2−1
主催:LLPアメフラシ

トークイベント「地方で絵を描く」
日時:2019年3月9日(土)13:30〜
会場:白鷹町文化交流センターあゆーむ ギャラリー
ゲスト:徳山拓一(森美術館 アソシエイトキュレーター)/桝田倫広(東京国立近代美術館研究員)/三瀬夏之介(作家/美術科日本画コース教授)


 

カテゴリー