「第7回 悠々貫々展」1/15(火)-20(日)ギャラリ―専

本展は、東日本大震災の翌年春から、東北芸術工科大学の大学院生により発足し、今回で7回目を迎えました。展覧会名の「悠々貫々(ゆうゆうかんかん)」とは、ゆったりと構えながらも強い意志を貫き堅実に制作に臨む姿勢を表しています。また「悠々」には、「限りなく続いていく」という意味も含み、実際に復興が成し遂げられるその日まで、皆様と心を寄り添わせながらこの展覧会を続けてまいりたいという、私どもの意志が込められております。
今年も現役学生を含む若手の作家が作り出した、日本画、洋画と工芸の幅広い表現の作品を是非ご高覧いただけましたら幸いです。

『第7回 悠々貫々(ゆうゆうかんかん)展』
【会期】
2019年1月15日(火)-20日(日)

【時間】
10:00-17:30(最終日16:00まで)※会期中無休

【会場】
ギャラリ―専
〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町3-9-9 コーポキクセン1F

【出品者】
東北芸術工科大学 学生・卒業生
浅野友理子/阿部佳菜子/あるがあく/石原葉/菅野耕平/木村直広/渋谷七奈/鈴木咲穂/高橋諒/南裕里子/藤倉麻美/堀江遼子/水谷真人/山口裕子/吉田悠希/吉田祐子
※DMデザイン:青木亮太

【展示について】
本展は、東日本大地震の翌年春から、東北芸術工科大学の大学院生により発足し、今回で 7回目を迎えました。展覧会名の「悠々貫々(ゆうゆうかんかん)」とは、ゆったりと構えながらも強い意志を貫き堅実に制作に臨む姿勢を表しています。また「悠々」には「限りなく続いていく」という意味も含み、実際に復興が成し遂げられるその日まで、皆様と心を寄り添いあわせながらこの展覧会を続けてまいりたいという、 私どもの意志が込められております。東北の地で将来の芸術を担う者として、何を考え、何を生み出すのか。今年も日本画、洋画と工芸の幅広い表現の作品を是非ご高覧いただけましたら幸いです。 (代表 山口裕子)

入場無料
※本展覧会の売り上げの一部を東日本大震災の義援金にさせていただきます。

カテゴリー