第16回 開高健ノンフィクション賞受賞記念
作家 川内有緒 トークイベント「空をゆく巨人」 開催


第16回 開高健ノンフィクション賞受賞記念として、作家 川内有緒 トークイベント「空をゆく巨人」を2019年1月25日に、本学で開催します。

「空をゆく巨人」は、現代美術の巨匠・蔡國強と福島県の実業家・志賀忠重の破天荒な人生、そして彼らが生み出してきた美術作品を追った作品です。

二人は長きにわたり友情を育み一緒に作品をつくってきました。その最大の作品が、東日本大震災の翌々年につくられた「いわき回廊美術館」です。このいわきの物語、そしてアートと文化には、希望を生み出す力があるはずと感じながら書かれた本作品は、姜尚中氏、田中優子氏、藤沢周氏、茂木健一郎氏、森達也氏が選考委員を務めた「第16回 開高健ノンフィクション賞」を受賞しました。

今回の特別講演では、作者の川内有緒さんが、現代美術に地域の人々が巻き込まれていくという蔡國強のアートの魅力や、誰かと一緒に夢を見ることの楽しさ、また、文章や本を書いて生きる自身の体験について語ります。そして、作品の主人公で、今もいわきで、9万9千本の桜を植え続ける志賀忠重さん、志賀さんのサポートで北極海の単独徒歩横断に成功する山形県最上町の冒険家・大場満郎さんも特別ゲストとして登壇します。

是非、ご参加ください。

日時:1月25日(金) 15:30~16:30
会場:東北芸術工科大学 本館208
申込み不要/無料
対象:一般、全教職員

当日は書籍「空をゆく巨人」の販売も行います。
本体1,700円+税 集英社

カテゴリー