建築・環境デザイン学科企画|河野直氏 講演会

建築・環境デザイン学科では、2018年度「環境的未来型」河野直氏講演会「建築を、ともにつくる」を開催いたします。

河野氏は、千葉県市川市にある合同会社つみき設計施工社の代表を務め、「ともにつくる」を企業理念として、参加型リノベーションによって住宅や店舗の設計施工に携わっています。

以下、河野氏から開催にあたってのメッセージです。
—–
建築とは誰のためのものなのか、設計者の職能とは何か。在学中も、大学院を卒業後も、全くわかりませんでした。「建築を、ともにつくる」という仕事を作ることができれば、住む人、つくる人、地域の人々含め、関わる全ての人たちで同じ喜びを分かち合えるのではと考え、参加型リノベーションの活動を始めました。2010年から日本各地で300回以上行ってきた建築ワークショップの、最新事例やノウハウをお話しできればと思います。
—–

ぜひお誘いあわせの上、足をお運びください。

日時:2018年12月12日(水)18:00~20:00
場所:東北芸術工科大学 デザイン工学実習棟A 2階ギャラリー
当日先着順、入場無料
主催:建築・環境デザイン学科

●お問い合わせ先/建築・環境デザイン学科準備室
TEL:023-627-2189

河野直氏プロフィール
1984年広島県三原市生まれ。
京都大学大学院修了後、26歳の時にどこにも就職することなく、工務店「つみき設計施工社」を起業。 「ともにつくる」を理念に、住む人と作る人が、ともにつくり、学び合う「参加型リノベーション」を展開。かかわるすべての人で、同じ喜びを分かち合える、建築の仕事を創っていきたい。そして、もっともっと、広げたい。著書に「ともにつくる DIYワークショップ」等。受賞歴にSDレビュー2009鹿島賞、ウッドデザイン賞2016・2017など多数。

カテゴリー