宮本武典教授のインタビュー記事がソトコトに掲載されました!

美術館大学センターの宮本武典教授のインタビュー記事が、ソトコト2018年9月号に掲載されています。地域のアートと音楽フェスティバルを紹介する本号。宮本教授は、山形ビエンナーレのプログラムディレクターとして「芸術大学が主催する、地域とアートの可能性」について語っています。ぜひお手にとってご覧ください。

地域のアートと音楽フェスティバル・ガイド
Local Art & Music Festival Guide
人を呼び込み、一緒に地域を盛り上げていく! 人が集まる場所の筆頭が、各地で開かれているアートと音楽のフェスティバル。趣向を凝らして、ローカルの特性を活かして、それぞれが個性豊かです。フェスティバルが始まる経緯は、ひょんなことだったり、熱い思いだったり。誰かが行動を起こし、共感した仲間が集まり、ムーブメントが広がる。全国をにぎやかに、私たちを楽しませてくれるフェスティバルが大集合です!

【特集】p.72-73
「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」プログラムディレクターの宮本武典さんに伺います。「芸術大学が主催する、地域とアートの可能性」とは。

出版社: 木楽舎
発売日: 2018年8月4日

 

カテゴリー