イオンモール天童と産学連携協定を締結しました。


イオンモール株式会社 イオンモール天童と本学は、相互に緊密な連携と協力を図り、双方の保有する資源を有効に活用し、産学連携並びに地域社会活動の更なる活性化に資することを目的とし、連携協定を締結しました。

■連携協定締結後に決定している具体的活動について
<8/11(土)イオンモール天童駐車場特設エリアで実施される「第2回 芳賀タウンまつり」の運営>
イオンモール天童の地域社会活動に賛同し、東北芸術工科大学学生スタッフ約50名が参加します。ワークショップやステージ企画(本学学生による公開絵画制作パフォーマンス)など、コンテンツ提供をすることで、イベントを活性化させます。学生にとっては、地域交流の経験ができる学びの機会となります。

また、イオンモール天童の愛称が「イモ天」であることより、東北芸術工科大学学生が企画した「イモ天スイーツ」を企画・開発しております。こちらは、7/28〜29のオープンキャンパスにて試食会を実施予定です。イベントで回収した意見、アイデアを活用し、完成した商品は8/11の芳賀タウンまつりより一般販売予定です。 担当:東北芸術工科大学 デザイン工学部企画構想学科 本吉裕之研究室

<子ども向けワークショップ「あそびのえんにち」を「第2回 芳賀タウンまつり」で出張開催>
東北芸術工科大学 デザイン工学部グラフィックデザイン学科 澤口俊輔教授と同学科の学生が、アート・デザインを手法に、子ども達にモノを作る楽しさと喜びを感じてもらう活動です。毎回、子ども向けに、たくさんの工作ワークショップを企画しています。毎年、東北芸術工科大学及び石巻を舞台に開催していたイベントですが、この度の連携協定を機に、芳賀タウンまつりでも開催します。

カテゴリー